大雲寺(だいうんじ)(DaiunJi)


所在地:京都市伏見区深草宝塔寺山町   地図情報

日蓮宗宝塔寺塔頭

開基:日随上人

深草七面山御旅所

 大雲寺(だいうんじ)は、深草の日蓮宗宝塔寺塔頭の一つ

 六坊の第一とされる

 宝塔寺の総門を入って左側(北側)に最初にある

 深草七面山(ふかくさしちめんさん)の御旅所となる

【大雲寺の歴史・経緯】




【大雲寺の伽藍】

 <本堂>

 <日像菩薩像>
 本堂前に立つ

 <七面祠>
 山門を入ってすぐのところにある

 <三十番神>
 三十番神(さんじゅうばんしん)は、毎日交替で国家や国民などを守護するとされた30の神々
 法華経守護の神(諸天善神)ともされる

 <位牌堂>

 <虎石>
 伏見城にあったもとといわれる

 <寺本家の墓>
 大雲院の北にある
 江戸時代初期
 寺本内蔵允忠吉が、先祖供養のために建てる

 <三宅寄斎の墓>


【その他】

 <寺本家>
 深草土豪四家(赤塚家・寺内家・薮家・寺本家)の一つ
 室町時代に隆盛していた
 織田信長足利義昭との六条河原での戦いでは、織田信長に従い、
山崎の合戦では、明智光秀に加担して豊臣秀吉に対抗したため衰退したといわれる

 宝塔寺塔頭大雲院と直勝院を開祖した

【大雲寺へのアクセス】

 京阪電車 深草駅 徒歩約10分
 JR奈良線 稲荷駅 徒歩約10分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク