大雲寺(だいうんじ)(DaiunJi)

所在地:京都市左京区岩倉上蔵町   地図情報

天台證門宗(天台宗寺門宗系)の寺院

山号:紫雲山

本尊:十一面観音菩薩

開基:中納言 藤原文範

開山:真覚(しんかく)

通称:岩倉観音、観音院

ご利益:難病平癒、脳病平癒、心の病平癒、霊障除去

 大雲寺(だいうんじ)は、岩倉にある天台證門宗(天台宗寺門宗系)の単立の寺院

 本尊は十一面観音菩薩で、「岩倉観音」「観音院」などとも称される

 石座神社の東側にある

【大雲寺の歴史・経緯】

【大雲寺の伽藍】

 <万里小路中納言藤房卿髪塔>
 入口左手の道路沿いにある宝篋印塔
 鎌倉時代室町時代の公家 万里小路藤房(までのこうじふじふさ)の髪塔
 花崗岩製、約2m、基礎に単弁反花、下に格狭間、四方形の塔身

 父親は万里小路宣房で、後醍醐天皇の側近として仕え、建武の新政の中納言になる
 その後、政治に失望し、1334年(皇紀1994)建武元年に岩倉 不二房を戒師として出家し岩倉に隠棲したといわれる

 <三面石仏>
 参道入口左の道路沿いの覆屋内に祀られている
 阿弥陀如来坐像、脇侍として右に十一面観音立像、左に地蔵立像が彫られている
 鎌倉時代の作
 花崗岩製、約1.9m、半肉彫

 <目無地蔵>
 目無橋のたもとにある
 定印の阿弥陀如来坐像、右に如来像、左に地蔵菩薩
 旧大雲寺の遺仏といわれる
 鎌倉時代の作
 花崗岩製、約1m

【大雲寺の旧地跡】

 大雲寺の西、北山病院の敷地内にある

 <不動の滝(妙見の滝)>
 左に不動明王、右に妙見菩薩が祀られている
 かつては背後の山の山腹に、朝日妙見が祀られており、洛陽十二妙見霊場の一つだったといわれる
 江戸時代
 大雲寺で加持祈祷を行った人々の「垢離場(こりば)」だった
 滝に打たれると心の病に効くとされ、籠屋(こもりや)(茶屋、保養所)が建てられた
 後に、京都府立癲狂院(とんきょういん)、岩倉精神病院などになり、現在の北山病院となっている

 <閼伽井堂>
 不動の滝のすぐ西にある
 双龍大権現が祀られている
 井戸「閼伽井(あかい)」は、「観音水」、「智弁水」、「御香水」「不増不減の水」とも称される
 井戸は、園城寺(三井寺)金堂の閼伽井に水源があるともいわれる

 平安時代後期
 跋難陀龍王が、大雲寺 文慶(もんけい)の夢枕に現れ、そのお告げにより水が湧出したともいわれる

 「智弁水」とは、智弁僧正が密教の秘法を修めたことに由来するといわれる
 「不増不減の水」とは、干ばつや降雨のときにも水量に変化がないことから称される

 平安時代より
 井水は万病に効くといわれ、特に心の病、目の病に効力があるとされ信仰されてきた
 「源氏物語」の中の若紫も、この水をくんだ
 冷泉天皇の中宮 昌子内親王、後三条天皇の第三皇女 佳子(けいし)の治癒にも霊水が用いられた

 <冷泉天皇皇后昌子内親王岩倉陵>
 平安時代の冷泉天皇中宮 昌子内親王(しょうしないしんのう)の御陵


【大雲寺の寺宝】

 <梵鐘(国宝)>
 もと延暦寺西塔から伝来したものといわれ、858年(皇紀1518)天安2年の銘がある
 現在は、佐川美術館所蔵になっている

 <十一面観世音菩薩>
 本尊
 奈良時代の僧 行基の作といわれている
 聖武天皇の姿を写したもの
 かつて、内裏に安置されていたもので、平安時代前期の公卿で真覚の祖父 藤原時平により伝えられたといわれる

【その他】

 <「源氏物語」>
 平安時代中期の作家 紫式部が、姉 藤原為時一女を伴って、たびたび大雲寺を参拝していたといわれる
 「源氏物語」第5帖「若紫」に登場する、小童の幻想が現れるという「わらわ病」になった光源氏が修験者による
加持祈祷を受けた「北山になむなにがし寺」といわれる
 (鞍馬寺ともいわれる)
 光源氏は大雲寺に宿泊し、大雲寺の僧都の娘と藤壺宮の兄 兵部卿との間に生まれた美しい少女 若紫(紫の上)と出会い、
その後、二人は生涯を共にすることになる

 <「成尋阿闍梨母集」>
 平安時代、第4世住職 成尋の母の日記的な歌集
 宋へ渡る息子を思う母親の心情が歌われている

 <「太平記」>
 南北朝時代の書、大雲寺も登場する

 <井原西鶴「好色一代女」>
 1686年(皇紀2346)貞享3年の書、大雲寺も登場する
 宇治の由緒ある家に生まれた美しい女が御所に宮仕えに出るが、身分の低い青侍と恋仲になるが男は殺され御所を追われる
 舞妓、側室、島原の遊女、茶屋女、腰元、歌比丘尼などと転々とする
 歳をとり、大雲寺に参拝したときに五百羅漢に出逢い、今まで出逢った多くの男たちの顔が思い出され、
その慙愧の念に耐えられず、嵯峨の広沢の池に入水しようとするが、人に助けられ嵯峨に庵を結ぶことになる

 <「御龕御用大雲寺力者旧記書抜」>
 実相院所蔵の1709年(皇紀2369)宝永6年の書
 大雲寺の配下に、天皇や皇后の棺を担ぐ力者(りきしゃ)がいたと記されている

【大雲寺へのアクセス】

 京都バス 岩倉実相院 徒歩数分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク