大寧軒(だいねいけん)(DaineiKen)

所在地:京都市左京区南禅寺福地町   地図情報

臨済宗南禅寺派大本山南禅寺塔頭

旧称:大寧院(だいねいいん)

 大寧軒(だいねいけん)は、南禅寺の勅使門の手前右側から入って金地院の奥(南側)にある南禅寺塔頭

 茶道藪内家家元 藪内紹智により作庭され、琵琶湖疏水から採り入れた池泉回遊式庭園がある

 庭には、三角形の明神鳥居が建てられている

【大寧軒の歴史・経緯】




【大寧軒の伽藍】

 境内の広さは、約470坪ある

 <数寄屋門>

 <書院>
 前には、大きな飛び石が敷かれている

 <池泉回遊式庭園
 茶道藪内家第11代家元 透月斎竹窓紹智により作庭されて茶庭となる
 庭は、三角形をしており、茶室「環翠庵」、主屋、待合があり、約470坪
 琵琶湖疏水から水を引き入れた小川と池がある池泉回遊式庭園
 東山三十六峰の大日山を借景としている
 庭園全体は苔で覆われた露地で、飛石(とびいし)、5つの蹲踞(つくばい)、腰掛待合、9つの石灯籠などが工夫されている
 南の滝口には、落差3mほどの滝があり、曲線を描く浅いせせらぎを流れ、北の境内外に流されている
 小川には、3つの橋が架かり、沢渡り石が置かれている
 自然石を利用した5つの蹲踞(つくばい)、石製井筒、春日型燈籠、雪見型燈籠、織部型燈籠など9つの石燈籠が置かれている
 松、楓、半夏生などが植栽されている


 <三柱鳥居>
 小川の中に、石造の鳥居を三基組み合わせた三柱鳥居が立っている
 太秦蚕の社の鳥居を模して造られている
 鳥居の真下からは、清水が湧き出している
 庭の三角形に合わせられ、主屋側からは、鳥居の中に滝の水が落ちているかに見えるように立てられている

 <茶室「環翠庵」>
 二畳台目
 待合の西に、玉石を敷きつめた枯山水の涸れ川がある
 1904年(皇紀2564)明治37年の建立

 <玄武岩(げんぶがん)>
 茶庭に、高さ約2mの自然石の石柱が立てられている
 兵庫県城崎温泉の近くの玄武洞(天然記念物)の柱状列石を運ばれた
 天然記念物指定になっており搬出はできないといわれる




【その他】

 <藪内紹智(やぶのうちじょうち)>
 茶道家元藪内家11代 竹窓紹智透月斎
 藪内家9代 竹露紹智(宝林斎)の長男
 大寧軒の茶庭を作庭する

【大寧軒へのアクセス】

 地下鉄 東西線 蹴上駅 徒歩約5分
 市バス 南禅寺・永観堂道 徒歩約10分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク