大行寺(だいぎょうじ)(DaigyouJi)


所在地:京都市下京区仏光寺通高倉東入ル西前町   地図情報

浄土真宗仏光寺派の寺院

山号:長谷山(ちょうこくざん)

院号:北ノ院

本尊:阿弥陀如来

開山:権少僧都 信暁学頭(しんぎょうがくとう)
 大行寺(だいぎょうじ)は、佛光寺の隣にある佛光寺の山内寺院

【大行寺の歴史・経緯】


【大行寺の伽藍】

 <本堂>
 1929年(皇紀2589)昭和4年
 現在の建物が再建される

 <仏足跡>
 足指の指先にそれぞれ「卍」印の入った特異なもの
 現在、四系統ある仏足跡の一系統を代表するもので「大行寺型」と称される
 1856年(皇紀2516)安政3年
 信暁学頭によって建てられる
 その後、災火のため粉砕
 1987年(皇紀2647)昭和62年
 原図を基に復元される


【大行寺の寺宝】

 <阿弥陀如来立像(重要文化財)>
 本尊
 寄木造で玉眼入の来迎の阿弥陀如来立像
 足下に「巧匠法眼快慶(こうしょうほうげんかいけい)」の銘が記されている
 鎌倉時代初期の代表的な仏師 快慶の晩年の作

【大行寺へのアクセス】

 市バス 四条高倉 徒歩約5分
 地下鉄 烏丸線 四条駅 徒歩約5分
 阪急電車 京都線 烏丸駅 徒歩約5分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク