大圓寺(だいえんじ)(DaienJi)

所在地:亀岡市西町   ちず丸地図情報

浄土宗の寺院

山号:鏡智山

本尊:阿弥陀如来

開山:専誉秀光(せんよしゅうこう)(周公上人)

亀山五ヶ寺の一つ(専念寺・大圓寺・寿仙庵・栖林庵(現在の聖隣寺)・長徳寺(現在の宗堅寺

 大圓寺(だいえんじ)は、亀岡市の城下町西部の西町にある寺院
 亀山城城主 羽柴秀俊(小早川秀秋)が息子の菩提を弔うため毎年、米2石を寄進した亀山五ヶ寺の一つ

【大圓寺の歴史・経緯】

 戦国時代
 1553年(皇紀2213)天文22年
 専誉秀光(せんよしゅうこう)(周公上人)を招いて開山される

 13代室町幕府将軍 足利義輝の帰依を受け、この地域の学問所として多くの学僧が集まり影響力を持った

 1578年(皇紀2238)天正6年
 創建当初は、保津川の北側にあったといわれ、
 明智光秀亀山城を築城するときに合わせ、穴太道の要衝の現在の地に移転する

 1592年(皇紀2252)文禄元年
 亀山城城主 羽柴秀俊(小早川秀秋)が息子の菩提を弔うため毎年、米2石を寄進した亀山五ヶ寺の一つとされる

 1643年(皇紀2303)寛永20年
 火事により焼失する

 1699年(皇紀2359)元禄12年
 火事で多くの堂宇が焼失する

 江戸時代中期
 1710年(皇紀2370)宝永7年
 現在の本堂や山門などが再建される



【大圓寺の伽藍】

 <本堂>
 <薬師堂>
 <五重宝塔>
 <庭園>

 <裏門>
 <ごくらく橋>

 <亀山城 外堀跡>
 亀山城内外は、内堀・外堀・惣掘の三重のお堀と御土居で仕切られていた
 ここ穴太口付近は、亀山城の南西の二重目の外堀跡
 城下町から穴太寺方面の出入口になっていた

【大圓寺の寺宝】

 <亀山薬師(亀岡市指定文化財)>
 薬師堂に祀られている鋳鉄製 薬師如来像
 平安時代末期から鎌倉時代初期に造られたと推定される
 現在の大本 天恩郷の月宮宝座あたりに祀られていたといわれ、
 亀山城本丸の築城のときに、追分町の相原家に移され、後に大円寺に奉納された

 関西では、鋳鉄製の仏像は非情に珍しく、貴重なものといわれる
 亀山薬師と同じ鋳型で造られたとされる鉄仏が、ドイツのケルン東亜美術館と、念仏寺(右京区山ノ内)にある


【大圓寺へのアクセス】

 JR山陰本線(嵯峨野線) 亀岡駅から徒歩約10分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク