聴松院(ちょうしょういん)(CyousyouIn)

所在地:京都市左京区南禅寺福地町   地図情報

臨済宗南禅寺派大本山 南禅寺塔頭

旧称:瑞松庵

 聴松院(ちょうしょういん)は、江戸時代中頃から「湯豆腐」がいただける塔頭

 豆腐は、平安時代に中国から伝えられ、僧の食事として各寺で独自の製造法を持っていた
 南禅寺は、豊富な種類の豆腐料理を持っていた

 織田信長や蒲生氏郷も訪れたといわれる

【聴松院の歴史・経緯】


【聴松院の伽藍】

 <書院>
 藤堂高虎の建立といわれる

 <池泉回遊式庭園
 かつて亀山天皇の離宮であったもの
 相阿弥の作庭といわれる

【聴松院へのアクセス】

 市バス 永観堂南禅寺前 徒歩約10分
 地下鉄 東西線 蹴上 徒歩約15分

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク