長講堂(ちょうこうどう)(CyoukouDou)

正式名:法華長講弥陀三昧堂(ほっけちょうこうみださんまいどう)

所在地:京都市下京区富小路通六条本塩竈町   地図情報

西山浄土宗(せいざんじょうどしゅう)の寺院

本尊:阿弥陀三尊

 長講堂(ちょうこうどう)は、河原町五条の南西の寺院が集まる一角で、六条通富小路の北東角にある寺院

 後白河法皇の院御所「六条西洞院殿」の持仏堂が由来の寺院

【長講堂の歴史・経緯】



【長講堂の伽藍】

 <本堂>
 <御影堂(みえいどう)>
 <枯山水庭園>

【長講堂の寺宝】

 <阿弥陀三尊像(重要文化財)>
 本堂の本尊
 後白河法皇の臨終仏(りんじゅうぶつ)であったといわれる
 平安時代、仏師 院尊の作
 中尊の阿弥陀如来像は像高約170cmの坐像
 両脇侍は、蓮台を持つ観音菩薩像と、合掌する勢至菩薩像
 両脇侍とも像高約1mで、蓮台から片足を踏み下げた珍しい姿をしている

 <木造 後白河法皇坐像(重要文化財)>
 御影堂に安置されている
 江戸時代の作
 4月13日の法皇忌法要のときにのみ公開される

 <過去現在牒(かこげんざいちょう)>
 後白河法皇の直筆で、平清盛源義経など多くの人物の名前が記されている

 <後白河法皇御真影>


【長講堂の祭事】

 <法皇忌法要> 4月13日

【長講堂へのアクセス】

 地下鉄 五条駅 徒歩約5分
 市バス 河原町正面 徒歩約5分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク