児水不動明王(ちごふどうみょうおう)(ChigoFudouMyouou)


所在地:京都市南区壬生通八条上ル八条町   地図情報

通称:児の水(ちごのみず)、尼寺の水

ご利益:眼病治癒

 児水不動明王(ちごふどうみょうおう)は、六孫王神社の北側、新幹線の高架下にある小さな祠のお不動さん

 地表より一段低くなっていて、中心に不動明王が祀られ、脇から清水が湧き出している

 清水は、「児の水(ちごのみず)」と称される名水

 鎌倉時代
 源実朝(みなもとさねとも)の妻 本覚尼(ほんがくに)が、暗殺された夫を弔うために建立した遍照心院(大通寺)の
門前にあったので「尼寺の水」とも称される
 眼病に霊験があるといわれる

【児水不動明王へのアクセス】

 市バス 「六孫王神社前」 徒歩約3分
 京都駅八条口より 徒歩約15分
 JR西大路駅 徒歩約15分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク