浄土院(じょうどいん)(JyoudoIn)



所在地:京都市上京区今出川通千本西入ル南上善寺町   地図情報

浄土宗の寺院

本尊:阿弥陀如来

通称:湯たく山 茶くれん寺(ゆたくさん ちゃくれんじ)

 浄土院(じょうどいん)は、千本今出川の近くに立つ小さな寺院
 かつては寺領も広く、名水があり、「湯沢山 茶くれん寺(ゆたくさん ちゃくれんじ)」といわれる豊臣秀吉の故事が残る

【浄土院の歴史・経緯】


【浄土院の伽藍】

 <本堂>
 阿弥陀如来坐像が安置されている
 屋根には寒山・拾得像の陶製の像が乗せられている

 <井戸>
 名水の井戸

【浄土院の寺宝】

 <阿弥陀如来坐像(重要文化財)>
 像の内部に1096年(皇紀1756)嘉保3年12月26日始の銘が残っている

 <寒山像・拾得像>
 本堂の屋根に乗っている陶製の像
 向かって右側が寒山像で、巻き物を携えている
 左側は、ほうきに乗った拾得像
 いずれも桃山時代の陶工 楽家千家十職の一つ)初代 長次郎の作といわれる

【「湯たく山茶くれん寺」の故事

 桃山時代
 1587年(皇紀2247)天正15年10月1日
 豊臣秀吉が、北野天満宮で大茶会を催す

 豊臣秀吉は、大茶会の検分のためにたびたび北野へ足を運んだといわれる
 そんな中、浄土院(当時は、寺領も現在の10倍はあったといわれる)に名水があることを知り、立ち寄り、お茶を頼まれた

 しかし、庵主の尼僧は、客人が関白であることに驚き、かつ、茶人であることから、
下手にお茶を差し出しても文句を言われるだけと悟り、白湯(さゆ)を出した
 豊臣秀吉は、尼僧が聞き間違えたかと、もう一度、お茶を頼んだ
 ところが、尼僧は、もう一度、そっと白湯を差し出した

 頭の回転が早い豊臣秀吉は、二度にわたり白湯が出てきたことから、
「私がお茶を好きなことを知って、下手にお茶を点てるより、わざと白湯を出したな」と察知して、
「お湯ばかりでお茶をくれんともうよい、今後、寺の名を「湯たくさん茶くれん寺」とするがよい」と申されたそうである

【浄土院へのアクセス】

 市バス 千本今出川 徒歩約3分

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク