因幡薬師堂 平等寺(びょうどうじ)(ByoudouJi)

所在地:京都市下京区不明門通松原上ル因幡堂町   地図情報

真言宗智山派の寺院

山号:福聚山

本尊:薬師如来(日本三如来の一つ)

開基:従四位上 中納言 橘行平(たちばなのゆきひら)

京都十三仏霊場 第七番札所

洛陽三十三所観音巡礼第二十七番札所(十一面観音菩薩) 第二十八番札所へ

通称:因幡薬師(いなばやくし)

 平等寺(びょうどうじ)は、不明門通の名称の由来にもなっている寺院

 狂言「因幡堂」などに登場する「因幡の薬師堂」
 浄瑠璃発祥の地ともいわれる

 本尊の薬師如来像は、清凉寺釈迦如来、信濃善光寺の阿弥陀如来とともに、日本三如来の一つ

 開基の橘行平(たちばなのゆきひら)は、清少納言の夫 橘則光の弟

【平等寺の歴史・経緯】





【平等寺の伽藍】

 町堂として広い境内があったが、たびたびの大災で次第に小さくなっていった

 <本堂>
 1886年(皇紀2546)明治19年の再建

 <観音堂>
 弘法大師像・毘舎門天像・如意輪観音像・十一面観音・神変大菩薩像(役長者像)・不動明王像が祀られている

 <歓喜天堂>
 <地蔵菩薩堂>

 <不動明王像 2躰>




【平等寺の寺宝】

 <木造 薬師如来立像(重要文化財)
 本尊で、一般には非公開
 日本三如来の一つ清凉寺釈迦如来像・善光寺(長野県)の阿弥陀如来像)
 「因幡薬師(いなばやくし)」と称される
 創建当初のもので、釈尊御の作といわれる
 薬師如来は、十三仏の七番目の仏で、七七日(四十九日)の守り本尊
 京都十三仏霊場 第七番の札所にあたる
 本尊の前で手を合わせて懺悔すると罪は許されるといわれる
 癌封じの薬師如来ともいわれる
 何度もの火災を免れて、本堂に安置されている

 <木造 如意輪観音坐像(にょいりんかんのんざぞう)(重要文化財)>
 鎌倉時代の作

 <木造 釈迦如来立像(重要文化財)>
 鎌倉時代初期、1213年(皇紀1873)建保元年の作

 <十一面観音 二躰>
 元は北野天満宮に祀られていたもので、東寺塔頭 観智院を経て、平等寺の観音堂の本尊として安置された

 <忿怒形三面六臂大黒天>
 胎蔵曼荼羅に描かれている大黒天
 インドの神マカカーラの姿をしている珍しい大黒天
 3つの目、口には牙がある顔を3つ持つ
 腕は6本
 2本の手で象の皮を背中に広げ、次の2本で人間と牝羊を掴み、前の2本で剣を膝の上に横たえて持つ
 京の大黒さんご利益巡り(京都大黒天霊場会)の一つ

 <毛髪織込光明真言>
 小督局の髪の毛で作ったと伝えられる光明真言の織物
 高倉天皇との情愛がこめ込められたものといわれる

 <硯箱>
 小督局が愛用されていたといわれる紅葉の蒔絵の硯箱

【平等寺の祭事】

 毎月の行事
 1日〜7日 聖天浴油供
        大聖歓喜天(聖天)さんは、金運招福・商売繁盛・学力増進・子授け祈願のご利益がある
 8日 本尊薬師如来ご縁日 てづくり市
 16日 聖典浴油供

 <元旦法要> 1月1日
 <星供> 2月節分
 <花祭り 開基法要> 4月8日
 <施餓鬼法要> 8月8日
 <大晦日> 12月31日

【平等寺の御詠歌】

 「まよいいで ここはいなばの ひがしむき こころはにしへ はこびぬるかな」


【その他】

 <不明門通(あけずどおり)
 通りの北限を塞いでいる平等寺の正面の門が、常に閉ざして開かれることがなかったことが名前の由来

 <狂言
 「因幡堂」「鬼瓦」「仏師」「六地蔵」などに因幡薬師堂が登場する

【平等寺へのアクセス】

 市バス 烏丸松原 徒歩約2分
 地下鉄 烏丸線 四条駅 徒歩約5分
 阪急電車 烏丸駅 徒歩約5分


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第9回2級】

【京都検定 第12回2級】

【京都検定 第7回1級】

【京都検定 第11回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク