韋駄天(いだてん)

出身:ヒンドゥー教の神スカンダ(Skanda)

仏教における天部の1つ
増長天の八将の一神
四天王下の三十二将中の首位
曼荼羅:護世二十天の一つ:西方位

梵字:

梵名:スカンダ(skanda)

真言:オン イダテイタ モコテイタ ソワカ

容姿:唐風の甲冑をまとう若い武将の姿

持物:剣

眷族(家来):

別称:私建陀、建陀、韋陀、韋天将軍

ご利益:小児の病魔を除く神さん、伽藍を守る護法神

 韋駄天(いだてん)は、仏教における天部の1つ

 増長天の八将の一神で、四天王下の三十二将中の首位

 特に伽藍を守る護法神とされ、厨房や僧坊を守る護法神として祀られる

 小児の病魔を除く神さんともされる

 密教の曼荼羅では護世二十天の一尊として西方位におかれる

【韋駄天】

 元来は、ヒンドゥー教の神スカンダ(Skanda)

 仏教に入って仏法の護法神となり、「Skanda」を音写して「塞建陀天」「私建陀天」と漢訳された
 その後、建駄天とも略記され、金光明経などの誤写によって「違駄天」となる
 さらに、道教の韋将軍信仰と習合して「韋駄天」と称されるようになったといわれる

 特に伽藍を守る護法神とされる

 容姿は、一般的に、道教の韋将軍のように、唐風の甲冑をまとって剣を持つ若い武将の姿で描かれる

 ヒンドゥー教の神 スカンダとして、6人の乳母に育てられたため六面十二臂の少年神で孔雀に乗る

【韋駄天のゆかりの地】

 <萬福寺)>
 天王殿(重要文化財)に、弥勒菩薩像の化身とされる布袋尊、韋駄天像、四天王像が安置されている

 <東向観音寺
 礼堂に、不動明王弘法大師、地蔵菩薩、愛染明王、毘沙門天吉祥天、妙見菩薩、韋駄天、伽藍神などが祀られている

 <法然院
 経蔵の中央に釈迦如来像、両脇に毘沙門天と韋駄天像が安置されている
 多数の経典の版木が所蔵される

 <泉涌寺
 舎利殿に・謡曲「舎利」の題材となっている韋駄天立像(重要文化財)と月蓋長者立像(重要文化財)が安置されている

 <北観音山
 楊柳観音と韋駄天が安置される

 <勝林寺
 毘沙門天曼荼羅の内院に、毘沙門天吉祥天・五童子
 第二院に、八大夜叉大将と龍王、韋駄天
 外院に、二十八使者が描かれている
 他に例がない珍しい曼荼羅図

【その他】

 <韋駄天走り>
 足の速いこと
 釈迦が涅槃(ねはん)のとき、仏舎利を盗んだ捷疾鬼(しようしつき)を追ってそれを取り戻したという説話にちなむ

 <ごちそう(御馳走)>
 韋駄天が、釈尊のために方々を駆け巡って食物を集めたといわれることにちなむ

 <能の演目・謡曲「舎利」>
 泉涌寺の舎利殿に足疾鬼が現れ、仏舎利を奪って飛び去ったところ、舎利殿に祀られている韋駄天が追いかけ、
仏舎利を奪い返すという説話


【京都検定 第2回2級】

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク