仏像(ぶつぞう)(ButsuZou)

 仏像は、「如来部像」、「菩薩部像」、「明王」、「天部」の4部と
 日本においては、「垂迹部像」、「羅漢部像」が加わり、6種類に分けられる

 これら6種類の分類は、密教の「三輪身(さんりんしん)」の教えに基づく

【三輪身(さんりんしん)】

 すべての仏像は、大日如来の分身とされ、すべて大日如来に帰一し、
 仏教の「教え(輪)」を説明するための手段として、3種類の姿(身)になって我々の前に出現しているといわれる

 <自性輪身(じしょうりんしん)>
 宇宙の真理そのものであり、それ自身が救い主で厳然として存在する如来の姿

 <正法輪身(しょうぼうりんしん)>
 真理を体現した理想的人間像を象徴した菩薩の姿
 正攻法で慈悲により我々を救う如来の分身

 <教令輪身(きょうりょうりんしん)>
 素直に仏法に従わない者を無理矢理にでも導き救済する明王の姿
 忿怒(ふんぬ)した形相で、強引に救いとる如来の変身した姿

【仏像の6分類】

 <如来(にょらい)
 自性輪身の仏さま
 宇宙の真理そのものを図絵化した曼荼羅(まんだら)の中心に位置する大日如来など
 悟りを開き仏教の開祖 釈迦の像

 <菩薩(ぼさつ)>
 正法輪身の姿
 悟りを開き仏になる前の釈迦の状態の仏

 <明王(みょうおう)
 教令輪身の姿
 無知や傲慢さから真実に目覚めない者を忿怒(ふんぬ)して強引に救いとる仏

 愛染明王、不動明王、降三世夜叉明王、 軍荼利夜叉明王、大威徳夜叉明王
 金剛夜叉明王、大元帥明王、孔雀明王、烏枢沙摩明王など

 <天部(てんぶ)
 仏教本来の教えではなく、仏教が広まる中で、ヒンズー教の神々を仏教の外護者(げごしゃ)として取り入れられたもの
 我々を威嚇して窮地から救い、内外の敵からガードする如来や菩薩の守護神
 仏の世界を表す仏壇「須弥山(しゅみせん)」の外縁部に配置される

 梵天、帝釈天、毘沙門天弁財天(弁才天)、大黒天吉祥天韋駄天
 摩利支天、歓喜天、金剛力士、鬼子母神(訶梨帝母)
 四天王、八部衆、十二天、十二神将、二十八部衆

 <垂迹部像(すいじゃくぶぞう)>
 日本の神々を仏教の守護神として取り入れられたもの
 仏の世界を表す仏壇「須弥山(しゅみせん)」の外縁部に配置される

 <羅漢部像(らかんぶぞう)>
 仏教の修行をした尊敬するに値する人たちの仏像

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク