油掛地蔵(あぶらかけじぞう)

所在地:京都市右京区嵯峨天龍寺油掛町   地図情報

ご利益:商売繁盛・家内安全・健康長寿

 油掛地蔵(あぶらかけじぞう)は、嵯峨野にある阿弥陀如来坐像

 お地蔵さんに油を掛けて、所願成就を祈願する信仰を得ている


【油掛地蔵の歴史・経緯】


【油掛地蔵】

 <祠>
 「大覚寺油掛地蔵尊」と記された扁額が掲げられている

 <油掛地蔵>
 花崗岩の厚肉彫り
 高さ170cm程
 蓮華座の上に座し、定印を結ぶ阿弥陀如来
 頭部の両側に勢至と観音が刻まれ阿弥陀三尊とされる

 「延慶三庚戌十二月八日、願主平重行」の刻銘がある
 1310年(皇紀1970)延慶3年12月8日の作


【油掛地蔵へのアクセス】

 京福電車 鹿王院駅 南へ約340m

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク