芦刈山(あしかりやま)(AshikariYama)

所在地:京都市下京区綾小路通西洞院西入ル芦刈山町   ちず丸地図情報

山鉾:舁山(かきやま)

特徴:山の正面と側面には、芦の造化が飾られる

重量:0.64トン(24位)(2008年(皇紀2668)平成20年7月17日巡行時に測定)

 芦刈山(あしかりやま)は、祇園祭における山鉾の一つの舁山

 謡曲「芦刈」の、妻と離れて難波の浦で芦を刈る老翁が、数年後に妻との再会をはたす夫婦和合の姿が表されている

【芦刈山の装飾品】

 <人形(重要文化財)>
 御神体
 頭に「天文六年酉年六月七条沸師運慶之玄孫式部卿法印康運作」の墨書銘がある
 1537年(皇紀2197)天文6年
 七条仏師 運慶の末弟 運助の7代目にあたる康運の作

 2000年(皇紀2660)平成12年7月2日
 目頭に亀裂が入ってきため永久保存することになり、
 江戸時代の複製品と代替されることになり、新旧御頭の移行儀式「御頭改め」が行われる

 2002年(皇紀2662)平成14年3月8日
 財団法人美術院にて、新旧の御頭と人形本体の修理が完成する

 御神体は、老翁の姿で、能衣装に水衣をはおり、懐に中啓(ちゅうけい)(末広の扇子)、右手に鎌、左手に芦を1本持ち
芦原に立つ姿

 緋羅紗(ひらしゃ)をかけた山籠(やまかご)に真松を立て、梢近くに掛けた金色の三日月を背景に秋の薄暮れを表している

 <御神体の古衣装(重要文化財)>
 綾地締切蝶牡丹文片身替小袖(あやじしめきりちょうぼたんもんかたみがわりこそで)
 1589年(皇紀2249)天正17年の銘があり、山鉾の中で最古の衣装

 <前掛>
 1986年(皇紀2646)昭和61年
 山口華楊原画のライオンを描いた段通「凝視」に新調される

 <旧前掛>
 風景図の毛綴(タペストリー)

 <胴掛>
 錦織「豊公獅噛鳥獣文様」
 1990年(皇紀2650)平成2年の新調

 <旧胴掛>
 尾形光琳の六曲屏風を元にした綴織「燕子花図(かきつばたず)」
 1993年(皇紀2653)平成5年に新調される

 <旧胴掛>
 雲龍文様の刺繍や、
 江戸時代の鶴亀蜀紅文絲錦裂(つるかめしょくこうもんいとにしきぎれ)

 <見送>
 山口華楊画の綴織「鶴図」
 1985年(皇紀2645)昭和60年に新調される

 <旧見送>
 中国製の花鳥刺繍

 <欄縁の彫金飛雁の錺金具(かざりかなぐ)>
 1903年(皇紀2563)明治36年
 川辺華挙下絵による藤原観教の作





【文化財】

 <繻珍獅子蜀紅文小袖(しゅちんしししょくこうもんこそで)>
 織田信長から寄進されたものといわれる

【謡曲「芦刈」】

 謡曲「芦刈」は、世阿弥の作といわれる

 摂津国 難波に住む貧しい夫婦
 貧乏のあまり、妻が、宮仕えをするために都へ出ることになり、
 夫は一人寂しく難波の浦で芦を刈って売っていた

 3年後に、夫が気掛りな妻が訪ねてくると、夫は隠れてしまうが、妻は夫を追いかけて語り合い、やがて妻は、
夫に衣類を与えて都へ戻っていく

 謡曲の夫は「若き男」と記されているが、芦刈山の御神体は老翁の姿
 謡曲での季節は、春だが、芦刈山では秋の風情を表しており、「芦刈」は秋の季語となっている

【芦刈山と住吉山】

 「祗園本縁録」によると
 1441年(皇紀2101)嘉吉元年
 6代将軍 足利義教が、しばらく絶えていた祗園会の復興を促して、山鉾等を創建・再興させた

 「祗園社記」によれば
 「応仁の乱前分」には、鉾の数14基、山の数49基が記されており、
 「あしかり山 四条猪熊」・「あしかり山 錦小路東洞院」と記され、現在は山が立たない通りに「あしかり山」が2つあり、
 「住吉山 綾小路、油小路と西洞院の間」と記され、現在の芦刈山町に「住吉山」があったとされる

 「応仁の乱後再興」には、
 「綾小路、西洞院と油小路の間 あしかり山手かき」と記されている

 謡曲「高砂」は、住吉の尉(じょう)と高砂の姥(うば)が、海山千里を隔てて仲むつまじい様子を謡い、
 芦刈山の老翁の顔は、その住吉明神の尉面にとても似ているといわれ、応仁の乱後の山鉾復興のときに、
「住吉山」の御神体が「芦刈山」に受け継がれたともいわれる




【その他】

 <山一番
 くじ取り式京都市役所で行われ、くじ取らずの先頭を行く長刀鉾に続く、山一番となる
 2007年(皇紀2667)平成19年7月2日
 2009年(皇紀2669)平成21年7月2日


【芦刈山へのアクセス】

 地下鉄 四条
 阪急電鉄 烏丸


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第4回1級】

【京都検定 第6回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク