油天神山(あぶらてんじんやま)(AburaTenjinYama)

所在地:京都市下京区油小路通仏光寺上ル風早町(かざはやちょう)   地図情報

山鉾:舁山(かきやま)

特徴:朱の鳥居が立てられ、天神像が祀られている

別名:牛天神山(うしてんじんやま)

 油天神山(あぶらてんじんやま)は、祇園祭における山鉾の一つの舁山

 風早町の公家 風早家の屋敷に祀られていた天神(菅原道真)さんが勧請されている
 油小路通にあるところから「油天神山」と称される
 勧請の日が、丑(うし)の日にあたり「牛天神山(うしてんじんやま)」とも称される

【油天神山の歴史・経緯】








【油天神山の装飾品】

 <小祠>
 正面に朱の鳥居が立っている
 朱塗の社殿は、風早家に伝来していたもの
 町内の祠(ほこら)に祀っていた天神像が安置される

 社殿の両脇の随身(ずいしん)の板絵は、狩野益信(かのうえきしん)筆といわれる

 <紅梅の枝>
 真木の松の他に、紅梅の枝を立てて鈴が付けられている

 <欄縁(らんぶち)>
 前部だけ凹形に切り込んで、社殿をはっきり見せている
 1833年(皇紀2493)天保4年製作の牛と梅の錺金具(かざりかなぐ)が付いている

 <水引>
 龍鳳凰文(りゅうほうおうもん)の刺繍(ししゅう)

 <前掛>
 雲龍文の繻子地錦(しゅすじにしき)

 <胴掛>
 雲龍文の繻子地錦(しゅすじにしき)

 <見送>
 宮廷宴遊図の毛綴(タペストリー)



【油天神山へのアクセス】

 市バス 四条烏丸 徒歩数分
 阪急電車 烏丸駅 徒歩数分
 地下鉄 四条駅 徒歩数分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク