吉符入(きっぷいり)

吉符入は、祇園祭の祭事の一つ

日程:7月1日〜5日の間

場所:各山鉾町

 吉符入(きっぷいり)は、7月1日〜5日の間に、各山鉾町で行われる祇園祭の祭事の一つ

 「神事始め」の意味があり、各山鉾町において、町内関係者が本年の祇園祭に関する打ち合わせをし、
 鉾の御神体が祀られ、八坂神社の神職により御祓(きよはらい)を受け、祭の無事が祈願される

【吉符入】

 <長刀鉾町吉符入>
 長刀鉾の町会所の2階で、保存会の役員や囃子方らが集まり行われる
 鉾の御神体が祀られ、祭の無事が祈願される

 稚児と禿の名前を書いた名簿を「吉符」と称され、神前に納められる
 稚児が、「蝶とんぼの冠」と称されるクジャクの羽を飾った冠をかぶって振袖に袴を着て、2人の禿とともに、町関係者の前で、
巡行のときに鉾の上で舞う「太平の舞」が披露される
 「奉納囃子」と称されるお囃子が演奏される

 その後、稚児が、町会所の窓辺から身をのりだして、四条通に向かって舞を行われる

 <二階囃子>
 囃子方をもつ山鉾では、吉符入の夜から、町会所の2階でお囃子の稽古が初められる

【その他】

 <役行者山
 他の山鉾と異なり、吉符入のとき、八坂神社の神官による清祓(きよはらい)を受けず、護摩焚きにより清祓が行われる


【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第13回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク