放下鉾(ほうかぼこ)(HoukaBoko)

所在地:京都市中京区新町通四条上ル小結棚町   地図情報

山鉾:鉾

特徴:鉾頭に日・月・星の三光が付けられている

くじ取らず:先祭の21番目番目

重要無形民俗文化財

別名:すはま鉾

 放下鉾(ほうかほこ)は、祇園祭における山鉾の一つの鉾

 真木の中程の「天王座(てんのうざ)」に放下僧の像が祀られており、名前の由来になっている

【放下鉾の歴史・経緯】









【放下鉾の装飾品】

 明治時代中期に、胴組・天井・柱・屋根などが大改装され、金具類も順次整備されてきている

 <天王座(てんのうざ)>
 真木の中程
 放下僧の像が祀られている

 <鉾頭(ほこがしら)>
 日・月・星の三光が下界を照らすように付けられており、その型が洲浜(すはま)に似ているので、「すはま鉾」とも称される

 <稚児人形>
 かつては、長刀鉾と同様に生稚児(いきちご)がおられた
 1929年(皇紀2589)昭和4年に稚児人形に代えられた
 久邇宮多嘉王(くにのみやたかおう)より、「三光丸(さんこうまる)」と命名される
 巡行のときに、鉾の上で稚児舞いができるように作られている

 <下水引>
 与謝蕪村の下絵の刺繍琴棋書画図(ししゅうきんきしょがず)

 <前掛>
 花文のトルコ緞通(だんつう)

 <胴掛>
 花文のコーカサス緞通

 <旧胴掛>
 李朝製の描絵鶴文様の朝鮮綴

 <見送>
 皆川泰蔵作の「バクダッド」
 1982年(皇紀2642)昭和57年に代えられる

 <旧見送>
 雙鳳唐子遊楽図(そうおうからこゆうらくず)の綴錦(つづれにしき)
 1828年(皇紀2488)文政11年に西陣織で作られたもの




【その他】

 <重要無形民俗文化財>
 1979年(皇紀2639)昭和54年2月3日指定
 橋弁慶山霰天神山山伏山北観音山南観音山・放下鉾・役行者山の7山鉾町内

【放下鉾へのアクセス】

 市バス 四条烏丸 徒歩数分
 阪急電車 烏丸駅 徒歩数分
 地下鉄 四条駅 徒歩数分


【京都検定 第1回3級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク