斎王代(さいおうだい)

斎王代(さいおうだい)は、潔斎して神さんに仕えていた斎王の代理とされる女性

斎王は、かつて伊勢神宮賀茂社に奉仕した未婚の内親王で、斎宮・斎院に住まわれていた

現在は、斎宮・斎院はなく、斎王代は、葵祭などの祭事のときに務める

創始:1956年(皇紀2616)昭和31年
2013年現在:第58代斎王代

【斎王代の経緯】

【斎王】

 宮中では、神さんへの崇敬の念を表すための一つとして、未婚の皇女を神さんの御杖代として差し遣わされた

 嵯峨天皇の勅願により、伊勢神宮にならって賀茂社でも皇女による奉仕が始められる

 伊勢を「斎宮」、賀茂を「斎院(さいいん)(いつきのみや)」と称されるされる

 初代斎王は、嵯峨天皇第八皇女 有知子内親王

 新たに天皇が即位されるたびにト定され、天皇が上位・崩御されたときに退下するのが習わしとされた

【斎王代】

 <曲水の宴
 4月29日、11月3日
 城南宮
 斎王代が陪席される

 <斎王代・女人列御禊神事
 5月初旬の吉日
 上賀茂神社下鴨神社の隔年交代で行われる
 葵祭の前に、斎王代と、女人列に参加する約40人の女性が身を清める神事

 <葵祭
 5月15日
 京都御所の建礼門前から賀茂社へ、斎王代を中心とする女人列が巡幸する路頭の儀が行われ、
 賀茂社の神前において、社頭の儀が行われる

 <烏相撲
 9月9日
 上賀茂神社
 斎王代が陪席される


【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第12回3級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第3回1級】

【京都検定 第5回1級】

【京都検定 第10回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク