八木邸(やぎてい)

所在地:京都市中京区壬生梛ノ宮町   地図情報

 八木邸(やぎてい)は、壬生壬生寺の東隣にある郷士 八木家の邸宅

 幕末維新には新選組の近藤勇、土方歳三らの宿所となり、新選組の屯所として使われた

【八木邸の歴史・経緯】

【八木家邸宅】

 京都市指定有形文化財

 <長屋門>
 東に面している
 腰に下見板があり、張り与力窓や出格子窓がある
 1804年(皇紀2464)文化元年の建立

 <主屋>
 南面して建つ
 西端に土間が奥まで通っている
 土間に沿って居室が3室ずつ2列になっている
 北に、仏間奥座敷が一列に並んでいる
 入口は、土間部分と、東南隅に式台を備えた本玄関がある
 1809年(皇紀2469)文化6年の建立

 奥座敷は、新選組三大内部抗争の一つ、芹澤鴨、平山五郎ら4人が斬殺されたところで、その刀傷の一部が現存する

【八木邸へのアクセス】

 市バス 壬生寺道 徒歩すぐ
 阪急電車 大宮駅 徒歩約10分
 京福電車 四条大宮駅 徒歩約10分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク