有智子内親王墓(うちこないしんのうぼ)


所在地:京都市右京区嵯峨小倉山緋明神町   地図情報

 有智子内親王墓(うちこないしんのうぼ)は、第52代 嵯峨天皇の第8皇女 有智子内親王の陵墓

 嵯峨野落柿舎の西隣にある

 有智子内親王は、漢詩人でもあり、初代の賀茂斎王

【歴史・経緯】


【陵墓】

 嵯峨野落柿舎のすぐ西隣の、有智子内親王の春日山荘の跡に陵墓がおかれる

 かつては、陵墓の上に小祠が建てられ「姫明神(ひめみょうじん)」と称されていた

 現在の地名「嵯峨小倉山緋明神町(ひのみょうじんちょう)」の由来となる

【女流詩人】

 有智子内親王は、女流吟詠家の祖といわれる

 823年(皇紀1483)弘仁14年2月18日
 有智子内親王が17才の時、嵯峨天皇は賀茂に行幸して詩会を催した

 この時、春日山荘の題に対して、有智子内親王が即行で七言律詩を作る

 「寂寂(じゃくじゃく)たる幽荘(ゆうそう) 水樹の裏 仙輿(せんよ)は一とたび降る一池塘(ちとう)、
 林に栖む孤鳥は春沢を識り、澗(たに)に隠れし寒花も日光を見る。
 泉声は近く報ず初雷の響、山色は高く晴れ暮雨(ぼう)行く。
 此より更に知れり恩顧(おんこ)の渥(あつ)きを。生涯何を以ってか穹蒼(そうきゅう)に答えん」

 嵯峨天皇は、この詩を賛嘆されたといわれ、その場で三品の位を授けたといわれる

【アクセス】

 京都バス 嵯峨釈迦堂前 徒歩約10分
 JR山陰線 嵯峨嵐山駅 徒歩約20分
 京福電車 嵐山駅 徒歩約20分
 阪急電車 嵐山下車 徒歩約25分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク