翠紅館跡(すいこうかんあと)

所在地:京都市東山区桝屋町   地図情報

 翠紅館跡(すいこうかんあと)は、霊山護国神社から坂を少し下ったところにある建物

 幕末維新の頃、西本願寺の別邸で、志士たちの会合の場所となっており、翠紅館会議が行われた

【翠紅館の歴史・経緯】


【その他】

 <翠紅館会議>
 幕末維新の末期
 志士たちにより、攘夷や討幕などの具体的方策が検討された
 1863年(皇紀2523)文久3年1月27日
 土佐藩 武市半平太、長州藩 井上聞多、久坂玄瑞ら多数が集まった
 同年6月17日
 長州藩 桂小五郎、久留米藩 真木和泉守ら、各藩の代表者が集まる


 <「翠紅館八景」>
 幕末の歌人 熊谷直好(くまがいなおよし)が、翠紅館から見える景色を8つの歌で詠んだ

【アクセス】

 市バス 東山安井 徒歩約10分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク