六勝寺(ろくしょうじ)(RokusyouJi)

所在地:京都市左京区岡崎あたりの白河の地   地図情報

 六勝寺(ろくしょうじ)は、
 平安時代後期の院政の時期
 天皇や上皇、女院たちの発願によって、鴨川東岸の白河の地に建てられた6つの寺院
 いずれも「勝」の字が付くため、この6ヶ寺をあわせて「六勝寺」と総称される

 白河の地は、六勝寺や、院御所が建立され、洛南の鳥羽殿(鳥羽離宮)とともに院政の拠点であった

 白河の地は、粟田口から逢坂関を越えて東へ向う重要街道が通り、
人や物資の移動の中心地でもあった

【六勝寺の歴史・経緯】


【6つの寺院】

 <法勝寺
 白河天皇勅願寺
 1077年(皇紀1737)承暦元年の創建
 現在の京都市動物園からその北側のあたり
 八角九重の塔が建っていた

 <尊勝寺
 堀河天皇勅願寺
 1102年(皇紀1762)康和4年の創建
 法勝寺の西

 <最勝寺>
 鳥羽天皇勅願寺
 1118年(皇紀1778)元永元年の創建
 法勝寺の東

 <円勝寺>
 鳥羽天皇の皇后 待賢門院(藤原璋子)の勅願寺
 1128年(皇紀1788)大治3年の創建

 <成勝寺>
 崇徳天皇の勅願寺
 1139年(皇紀1799)保延5年の創建

 <延勝寺>
 近衛天皇勅願寺
 1149年(皇紀1809)久安5年の創建


【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第6回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第5回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク