豊臣秀吉妙顕寺城跡(とよとみひでよし みょうけんじじょうあと)



所在地:京都市中京区押小路通小川西入北側古城町   地図情報
 豊臣秀吉妙顕寺城跡は、豊臣秀吉の妙顕寺城の史跡

 全日空ホテルの南東にある西福寺の前に、石碑と案内板が設置されている

【経緯】

 鎌倉時代後期  1321年(皇紀1981)元亨元年
 日像上人が、後醍醐天皇より、御溝傍今小路に寺領を賜り、京都における日蓮宗の最初の道場として妙顕寺を建立する

 1542年(皇紀2202)天文11年
 たびたび寺領を移した後に、二条西洞院に再建される

 桃山時代
 1583年(皇紀2243)天正11年9月
 豊臣秀吉の都市改造政策により、妙顕寺を現在の上京区へ移転させ、
 跡地に、二条新邸を造営し、京都の政庁とする

 1587年(皇紀2247)天正15年9月
 聚楽第が完成し、
 豊臣秀吉が、大坂城から聚楽第に移り住み政庁とする

【妙顕寺城】

 建物の詳細は不詳
 周囲に堀をめぐらし、天守閣があったといわれる

 平素は、前田玄以が居住して京都の政務にあたり、豊臣秀吉が上洛すると宿舎となった
重要な政治的拠点だった

【その他】

 <古城町(ふるしろちょう)>
 この地は、妙顕寺城があったことで「古城町」と称される

 <閑院跡
 妙顕寺城跡碑の少し東に、閑院跡碑が立っている

【豊臣秀吉妙顕寺城跡へのアクセス】

 市バス 二条城前 徒歩約5分
 地下鉄 二条城前駅 徒歩約10分

[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク