狐塚(きつねづか)(KitsuneDuka)

所在地:京都市南区唐橋井園町   地図情報

 狐塚(きつねづか)は、東寺の西、新幹線高架沿いにある、幕末維新の都城六勇士の墓地

 蓮華寺の横にある

 <明治維新・都城六勇士の墓>
 伏見を警備中だった都城の兵士6名が、新選組の一隊と遭遇し銃撃戦を誘発してしまい、
責任を問われ切腹を願い出たが許されないまま自決してしまった

 六勇士
 横山籐助・坂元與八郎・野辺納右衛門・安藤惣兵衛・大峰壮之助・内藤将左衛門

 隣には、東寺執行 阿刀慶増氏のお墓も立つ

 <顕彰碑>
 1924年(皇紀2584)大正13年12月26日の命日
 都城の最後の領主 島津久寛の後を継いだ、島津久家の賛同を得て建てられる
 六勇士のほか、鳥羽・伏見の戦いで倒れた武田源右衛門・財部實行の2士も、共に顕彰されている

 <狐塚>
 現在は、西寺により管理されている
 一時は、西寺・蓮華寺・慈照院・念仏寺の4ヶ寺が管理していたといわれる

 <四ツ塚>
 狐塚・杉塚・経田塚・琵琶塚の四つの塚がある地域
 杉塚は、狐塚の東
 経田塚と琵琶塚は、九条通をはさんだ東西にあったといわれる
 現在は、狐塚だけが残っており、経田塚・琵琶塚は町名にのみ残っている

 鳥羽・伏見の戦いの直前に、薩摩軍が本営を置いた京の七口の一つ東寺口(鳥羽口)を、
「四ツ塚関門」と称されていた

【狐塚の歴史・経緯】


【狐塚へのアクセス】

 市バス 「六孫王神社前」 徒歩約5分
 JR西大路駅 徒歩約15分
 京都駅八条口より 徒歩約20分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク