閑院跡(かんいんあと)(KaninAto)



所在地:京都市中京区押小路小川古城町 西福寺内   地図情報
 閑院跡(かんいんあと)は、平安時代から鎌倉時代初期にかけてあった藤原氏の邸宅跡

 押小路通と小川通の交差点の北西に、閑院跡を示す小さな石碑が立っている
 石碑のあるところから、北西の西洞院通・押小路通・油小路通・二条通に囲まれた150m四方の地域


【閑院の歴史・経緯】

 当初は、藤原冬嗣(ふじわらふゆつぐ)の邸宅であった

 藤原公季(ふじわらのきんすえ)が継いで、「閑院」と称されるようになる

 平安時代末期

 高倉天皇のときに大内裏が荒廃し、閑院邸を里内裏とする
 その後、後鳥羽天皇も、閑院邸で皇位を承継するなど、安徳天皇を除く後深草天皇まで、90年ほど里内裏となっていた

 鎌倉時代
 1259年(皇紀1919)正元元年5月
 火災で焼失してしまう

【その他】

 <順徳天皇の詩>
 閑院の南殿にて月前松を詠める
 いまはまた世々をかさぬる庭の花 ふりてぞみゆる秋の夜の露

 <豊臣秀吉妙顕寺城跡
 桃山時代
 閑院跡に妙顕寺が建てられ、その後、豊臣秀吉妙顕寺城を建て、聚楽第の完成まで京都の政庁とした

【閑院跡へのアクセス】

 市バス 二条城前 徒歩約10分
 市バス 堀川御池 徒歩約10分



[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク