蛤御門(はまぐりごもん)(HamaguriGomon)

所在地:京都市上京区京都御苑   地図情報

 蛤御門(はまぐりごもん)は、皇居の門である「禁門(きんもん)」の一つ

 現在の京都御苑の西側にあり、天明の大火の以前は「新在家御門」と称されていた

天明の大火

 江戸時代中期
 1788年(皇紀2448)天明8年1月30日
 天明の大火により、初めて開門される

 それまで開かずの門だったため、焼けて口を開ける蛤に例えられ「蛤御門」と称されるようになる

蛤御門の変(禁門の変)

   幕末維新
 1864年(皇紀2524)元治元年7月19日
 尊王攘夷の長州藩が、京都で新選組に襲撃を受けて打撃を受け(池田屋騒動
強硬派を中心に挙兵し、約3000名の藩士が上洛し、御所を守る薩摩藩・会津藩など幕府軍と激戦になる
 蛤御門付近が、一番の激戦地となり、「蛤御門の変」と称される

 長州軍の敗戦に終わったが、「どんどん焼け」「鉄砲焼け」で、
京都市街地の約半分が焼失してしまう

 蛤御門には、現在でも、そのときの戦いによる銃の弾痕跡が残っている

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク