賀陽宮墓地(かやのみやぼち)・久邇宮墓地(くにのみやぼち)

所在地:京都市東山区泉涌寺山内町   地図情報

 賀陽宮墓地(かやのみやぼち)・久邇宮墓地(くにのみやぼち)は、泉涌寺の南東にある宮墓地

 江戸時代末期から明治時代の皇族7人が葬られている

 守脩親王墓・淑子内親王墓・朝彦親王墓と向かい合わせにある

【賀陽宮墓地・久邇宮墓地】

 久邇宮の初代 朝彦親王の第2王子と第5王子の、賀陽宮邦憲王と久邇宮多嘉王と、それぞれの王妃、
幼くして亡くなった久邇宮多嘉王の子供たち3名が葬られている

 7つの円墳がある

 手前の円墳が王や王妃で、奥にある3つの円墳が子供たちの円墳

 それぞれ鳥居、柵が設けられている

【皇族】

 <賀陽宮邦憲王(かやのみやくにのりおう)>
 生没年:1867年(皇紀2527)慶応3年〜1909年(皇紀2569)明治42年
 久邇宮朝彦親王の第二王子
 後伏見天皇20世皇孫
 兄が幼少時に薨去していたが、病弱であったため弟の邦彦王に継承権を譲る
 父が薨去に伴い、邦彦王が久邇宮家を継承、邦憲王は明治天皇の勅許を得て「賀陽宮」の称号を賜る
 伊勢神宮祭主を務める
 1900年(皇紀2560)明治33年、賀陽宮家を創設する

 <賀陽宮妃好子(かやのみやひよしこ)>
 生没年:1865年(皇紀2525)慶応元年〜1941年(皇紀2601)昭和16年
 賀陽宮邦憲王妃
 父親 醍醐忠順の娘で、醍醐好子

 <久邇宮家多嘉王(かやのみやけたかおう)>
 生没年:1875年(皇紀2535)明治8年〜1937年(皇紀2597)昭和12年
 父親:久邇宮朝彦親王
 後伏見天皇20世皇孫
 兄 邦彦王が久邇宮を継承し、多嘉王は西久邇宮を創設することになっていたが、されなかった

 <久邇宮家妃静子(かやのみやけしずこ)>
 生没年:1884年(皇紀2544)明治17年〜1959年(皇紀2619)昭和34年
 多嘉王妃
 父親 水無瀬忠輔の娘で、水無瀬静子
 23歳で、多嘉王と結婚し、3男3女をもうけた

 <久邇宮家発子女王(かやのみやけはつこじょうおう)>
 生没年:1911年(皇紀2571)明治44年〜1915年(皇紀2575)大正4年
 父親:多嘉王、母親:王妃水無瀬静子

 <久邇宮家賀彦王(かやのみやけよしひこおう)>
 生没年:1912年(皇紀2572)明治45年〜1918年(皇紀2578)大正7年
 父親:多嘉王、母親:王妃水無瀬静子
 後伏見天皇21世皇孫

 <久邇宮家光子女王(かやのみやけみつこじょうおう)>
 生没年:1913年(皇紀2573)大正2年〜1918年(皇紀2578)大正7年
 父親:多嘉王、母親:王妃水無瀬静子

【アクセス】

 市バス 泉涌寺道 徒歩約15分
 JR 東福寺 徒歩約20分
 京阪電車 東福寺 徒歩約20分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク