後堀河天皇観音寺陵(ごほりかわてんのうかんおんじのみささぎ)

所在地:京都市東山区今熊野泉山町 泉涌寺境内   地図情報

天皇:第86代 後堀河天皇

御陵:観音寺陵(かんおんじのみささぎ)

生年:1212年(皇紀1872)建暦2年2月18日
崩御:1234年(皇紀1894)天福2年8月6日
享年:23

陵形:円丘

陵印保管場所:月輪陵墓監区事務所

 後堀河天皇観音寺陵(ごほりかわてんのうかんおんじのみささぎ)は、泉涌寺にある後堀河天皇の御陵

 泉涌寺の北門近くの御陵参道を登り、途中で、孝明天皇後月輪東山稜への参道と分かれ、左の階段を上っていったところにある

【後堀河天皇観音寺陵の経緯・歴史】

【その他】

 <月輪陵(つきのわみさぎ)>
 東山三十六峰の南端にあたる月輪山の山麓、泉涌寺霊明殿の東にある
 四条天皇、後水尾天皇から仁孝天皇までの25陵、5灰塚、9墓がある
 天皇は九重石塔、皇妃は無縫石塔(むほうせきとう)、親王墓は宝篋印石塔を建てただけという質素のもの

【後堀河天皇観音寺陵へのアクセス】

 市バス 泉涌寺道 徒歩約15分
 JR 東福寺 徒歩約20分
 京阪電車 東福寺 徒歩約20分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク