葱とはんぺいのお汁(ねぎとはんぺいのおつゆ)

日時:二十日ゑびす(10月20日)

種類:汁物

 葱とはんぺいのお汁は、10月20日の二十日ゑびすの日のえびす講にいただくお汁(おつゆ)

 ゑびすさんの「笹に小判」と称される縁起物の行事料理

 福笹に見立てた九条ねぎ(くじょうねぎ)と、小判に見立てたはんぺいの質素な汁物

【二十日ゑびす】

 二十日ゑびすは、10月20日(旧暦9月20日)に行われる恵美須神社の祭事

 初ゑびす(十日ゑびす)は、ゑびす大神が海にお帰りになり、二十日ゑびす(えびす講)では、海からおいでになる

 十日ゑびすは、建仁寺の鎮守社として恵比須神社を創建した栄西禅師が、
中国 宋からの帰国のとき海上で暴風に襲われ、ゑびす神像に祈念して助かった事にちなみ、
ゑびすさんが誕生された1月10日寅の刻(午前4時)をお祝いして、ご利益にあやかろうとしたのが由来

 えびす講は、明治維新以降、東京に呉服などを売りに行った京都の商人たちが、
10月20日には京都に戻り、ゑびす大神を祀って旅の無事と商売繁盛に対する神徳に感謝し、
主人から番頭・丁稚さんなど全員が集まって講をして楽しんだのが由来

 商売繁盛の笹は、恵美須神社の独自の御札が広まったもの
 笹は「節目正しくまっすぐに伸び」「弾力があって折れず」「常に青々と茂る」といったことから
家運隆昌・商売繁盛のシンボルとなったといわれる

【葱とはんぺいのお汁物】

 材料は、はんぺい・九条ねぎ・かつお節、または、だしじゃこ・薄口醤油

 かつお節かだしじゃこで、だしを取り、醤油で普段のお吸い物よりも少し濃い目の味にする

 笹に見せるために、葱を斜めに切る
 最後に、はんぺいを丸のまま入れてさっと煮る

 九条ねぎは、古くから九条辺りで栽培されていた青葱
 葉の内部にぬめりがあり、甘くて柔らかい

 はんぺいは、魚のすり身のねりもので小判型にされている


【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第13回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク