普茶料理(ふちゃりょうり)(Fucha Ryouri)

 普茶料理(ふちゃりょうり)は、中国風の精進料理
 お寺での会議や打ち合せの時などに、茶礼の後の謝茶(慰労会)で出される

 「普茶(ふちゃ)」とは、「普く(あまねく)多数の人にお茶をもてなす」という意味を持つ

【普茶料理の歴史・経緯】


【普茶料理の特徴】

 多量の植物油と葛(くず)、新鮮な季節の野菜を使った、高タンパクで低カロリーな料理
 植物性食品を煮たり、ごま油で炒めたり、揚げたりされる

 萬福寺などでは、二汁六菜が基本とされる

 料理の前には、まず煎茶が出される
 麻腐(まふ)(胡麻豆腐)、涼伴(和え物)、雲片(うんぺん)(油で炒めた野菜の葛煮)、
 油シ(味付け天ぷら)、箏羹(しゅんかん)(季節の野菜の炊き合わせ)、
 素汁(すまし汁)、行堂(ご飯またはお粥)などで構成される

 大皿盛りにされ、通常4人一組で、残さず食べる
 (当時の食事は、各自に膳が配られるのが普通であったため、珍しかった)
 (京都には、出された料理を少し残す風習がある)


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第8回3級】

【京都検定 第4回2級】

【京都検定 第7回2級】

【京都検定 第6回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク