追い出しあらめ(おいだしあらめ)

追い出しあらめ(おいだしあらめ)

期日:8月16日(精霊送り)

 追い出しあらめ(おいだしあらめ)は、8月16日に、あらめ(荒布)を炊いて仏壇にお供えをし、
あらめのゆで汁を門口にまいて、精霊さんがこの世に未練を残さないように冥土にをお送りするする風習


 毎月8の付く日には、あらめとお揚げの炊いたんが、おばんざいとして欠かさない

【あらめ(荒布)】

 あらめ(荒布)は、海藻の一種で、昔から食用とされてきた

 多年生の海藻
 比較的温かい地方の、水深5〜10m程の岩場に群生する
 1年目の葉の大部分は枯れてしまい、2年目に一人前に生育される
 大きくなると1〜2m位になる

 特産地は、伊勢志摩、瀬戸内海、三陸地方沿岸
 わかめのように養殖ができない

 アルギン酸の原料となるため、夏によく採取される

 <毎月8の付く日>
 あらめは、毎月8の付く日のおばんざいとして欠かせぬ食材とされてきた

 <あらめの炊いたん> 
 あらめを柔らかくなるまで水で戻す
 そっとすくい、いかき(ざる)にあげて2〜3回程すすぐ
 昆布だしの中にあらめを入れ、砂糖、薄口・濃口醤油で味付けをする
 ひと煮立ちしたら、刻んだお揚げを入れ、少し炊き、かつおぶしを入れる

【その他のお盆の厄除け】

 <五山の送り火
 五山の送り火を、酒杯に映し出して飲むと無病息災でいられるといわれる
 送り火の燃え炭を奉書紙でくるみ、水引で結って玄関先に吊るすと厄除けとになるといわれる


【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第13回2級】

【京都検定 第5回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク