稲荷詣に愛宕詣(いなりもうでにあたごもうで)(InariMoude and AtagoMoude)

 「稲荷詣に愛宕詣」というのは、
 「雲が京都の南の方へ流れて行くと晴れ、京都の西の方へ流れて行くと雨になる」というたとえ

 稲荷詣のお稲荷さんは、伏見稲荷大社のことで、京都の南側に位置する
 雲が南側に流れると、晴れるといわれる

 愛宕詣の愛宕さんは、愛宕神社のことで、京都の西側に位置する
 雲が西側に流れると、天気がくずれるといわれる

 天気が、お稲荷さんや愛宕さんを詣でるかのように雲が流れる方向で分る


【京都検定 第2回3級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク