仕出屋さんの料理でお客をもてなす

 京都では、お客に家庭料理は失礼にあたるとされ出さず、仕出屋さんの料理でもてなす

 そのため京都には、仕出し専門店が多くあり、家庭の台所まで出張し、盛り付け・片付けまでする

 素材から調理道具・食器類まで持ち込み、その家で調理して出すこともある

 祝い事や仏事などの会食ではなく訪問客をもてなす場合は、主人は一緒に食べず、お客にゆっくりいただいてもらう

 <お茶屋遊び>
 お茶屋さんの座敷に上がり、置屋から芸妓・舞妓さんを呼び、仕出屋さんから懐石料理を取り寄せる

 <お客の気遣い>
 訪問するときには、食事の時間帯を避ける
 出された料理は、全部食べずに少し残し、「足りなかったのかな?」という余計な心配をさせない


【京都検定 第14回3級】

【京都検定 第5回2級】

【京都検定 第10回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク