送り火のから消し(おくりびのからけし)

「送り火のから消し(おくりびのからけし)」は、五山の送り火にまつわる風習の一つ

 五山の送り火は、祖先の霊を冥界に送り、冥福を祈るための行事

 残された自分たちの健康や家内安全も併せて祈る


 五山の送り火の次の日に大文字山に登り、から消しを拾いに行く風習がある

 「から消し」とは、火床に残った「消し炭」のこと

 から消しを奉書紙に巻いて水引をかけ家の玄関先に吊るしておくと、魔除け、厄除け、盗難除けのお守りになるといわれ、
 無病息災を願う

 現在では、大文字山が唯一、から消しを拾いに登ることができる


 から消しを細かく砕いて煎じて飲むと腹痛がおさまり、病気封じになるともいわれる

【その他の習慣】

 水やお酒をいれた盃に送り火の文字を映して飲み干すと中風除けになるといわれる

 茄子に穴をあけて、送り火を見ると眼が良くなるともいわれる


【京都検定 第8回3級】

【京都検定 第14回3級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク