おくどさん(Okudosan)


「おくどさん」とは、ご飯を炊く釜戸(かまど)のこと

場所:通り庭

 「鰻の寝床」の京町家では、入り口から裏口まで通っている庭(通り庭)に、井戸や水屋と一緒におくどさんがある

 おくどさんの上の棚や、すぐ脇の衝立(ついたて)には、荒神棚が設けられる

 <荒神棚(こうじんだな)>
 釜戸の近くで荒神を祀る棚
 布袋尊さん(三宝さん)や、弁財天さん、お猿さんなどの伏見人形が飾られる

 愛宕さん(愛宕神社)の火伏せのお札も貼られる
 荒神松をお供えされる

 <布袋尊さん
 布袋さんは、「火防布袋」といわれ、背中に「火」という字を書いて荒神棚に祀ると火難防止になるといわれている
 家を持つと2月の初午(はつうま)の日に伏見稲荷大社を参拝し、参道やその付近で売られている布袋さんを
買って帰り、荒神棚に並べる(初午の稲荷詣

 毎年、小さいものから順にそろえて、稲荷詣を7年続けると、7体集まり「福の神が七体揃う」と七福神に通じて縁起が良く、
財産が貯まり、火難をまぬがれるといわれる
 その7年の間に不幸が起これば、集めた布袋さんを川に流すか、神社の納札所に納めるなどして、最初から集めなおされる


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第6回3級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク