にらみ鯛(にらみだい)

にらみ鯛(にらみだい)は、尾頭付きの鯛の焼き物

期日:お正月三が日

 にらみ鯛(にらみだい)は、正月三が日に食卓に出される尾頭付きの鯛の焼き物

 正月三が日の間は、一切、箸をつけず、食事のたびに縁起物として膳に上げては、箸をつけずに下げられる

 1月4日になってから、改めて、温められたり、料理されて、食べられる

【にらみ鯛】

 にらみ鯛は、尾頭付きの鯛の内臓とウロコを取り除き、胴に3〜5本の飾り包丁を入れ、塩をまぶし、
ひれと尻尾には、多めの塩をつけてこげ落ちないようにして、塩焼きさる

【その他】

 <国立文楽劇場(大阪市中央区日本橋)>
 にらみ鯛を、正月飾りとして、年末に飾り付けが行われるのが伝統となっている
 劇場の天井中央に、全長約3m、重さ約15kgの張り子のタイの2体を、中央へ向いてにらみ合うように飾り付けられる


【京都検定 第2回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第12回3級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第7回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク