坪庭(つぼにわ)

 坪庭(つぼにわ)は、建物と建物との間や、敷地の一部に塀や垣根で囲んだ比較的に小さな庭のこと

 建物内部に、風通しや光を採り入れるために工夫してつくられる空間

 京町家では、母屋と離れの間にある庭のことをいった

【坪庭の歴史・経緯】

【坪庭の要素】

 京都の造園は、自然の風景を写し取り、庭の要素すべてに意味が込められているのが特徴

 地表:砂、砂利石、那智黒石、苔

 植栽:モミジ、ツバキ、マンリョウ、シカクダケなど

 垣根:竹垣、袖垣

 置物:燈篭、景石、筧(かけひ)、手水鉢


【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第14回3級】

【京都検定 第2回2級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク