清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)(SeijyouKankidan)


上菓子唐菓子(からくだもの)の一つ

伝来:奈良時代

和生菓子特殊銘柄品18品目の一つ

別称:御団(おだん)・聖天さん(しょうてんさん)

 清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)は、飛鳥時代に遣唐使によって仏教とともに中国から伝わった唐菓子の一つ

 金袋に似た形で、上部の8つの結びは、八葉の蓮華が表されている

【清浄歓喜団の歴史・経緯】


【清浄歓喜団】

 白檀・桂皮・竜脳など米粉と小麦粉の生地で餡を包み、巾着袋(きんちゃくぶくろ)の形にして、
上質の胡麻油で揚げたもの

 餡には、ハッカや丁字(ちょうじ)・肉桂(にっき)など仏教で「清め」の意味を持つ七種の香が練り込まれる

 当時の餡は、栗や柿・杏などの木の実を、甘草・かんぞう・あまづらなどの薬草で味付けされていた
 江戸時代中期以降に、小豆餡が用いられるようになった

 形は、金袋に似せられている
 8つの結びは、八葉の蓮華を表されている

【亀屋清永】

 商号:株式会社亀屋清永
 所在地:京都市東山区祗園町南側534

 江戸時代初期
 1617年(皇紀2277)元和3年の創業

 清浄歓喜団の製法秘法を、比叡山の阿闍梨(あじゃり)より伝授される
 店中の者による精進潔斎の上で、当主が月の1日と15日を中心に調製されている


【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第3回2級】

【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第12回2級】

【京都検定 第6回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク