粽(ちまき)(Chimaki)

餅の和菓子

時期:端午の節句

 粽(ちまき)は、もち米やうるち米、米粉などで作った餅を、円錐形にして、笹の葉で巻いて井草(いぐさ)で縛った和菓子

 笹の葉ごと、蒸したり、ゆでたりされ、葉は剥いて食べる

 葛練り(くずねり)や、羊羹(ようかん)を包んだものもある

 かしわ餅とともに端午の節句のお供物とされ、厄除けが行われる

 中国では、悪霊を払う意味を持つ

【粽(ちまき)の経緯】




祇園祭の粽(ちまき)】

 厄除けのお守りとされる「蘇民将来之子孫也」と護符の付いた「ちまき」が、祇園祭の宵山の日だけ授けられ、
一年間、玄関先に飾られる


 飾り粽で、食べられない

 上賀茂の農家において
 藁(わら)を軸にして、クマザサの葉をい草で三角形に巻き、それを10本ずつ束にして木型で形を整えられる
 約3万本が作られる

 <蘇民将来の故事
 「備後国風土記」逸文によると
 八坂神社の祭神 素戔嗚尊が南海に赴く途中に日が暮れて宿を探していたとき
 貧しい兄の蘇民将来と、裕福な弟の巨旦将来がいて、
 巨旦将来は、宿泊を拒み、蘇民将来は、粗末ながらも、ひえの食事とわらの布団でもてなした
 素戔嗚尊は、その礼として、蘇民将来の子孫を疫病から守ることを約束され、腰に茅の輪をつけさせたといわれる


【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第13回3級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第10回2級】

【京都検定 第11回2級】

【京都検定 第5回1級】

【京都検定 第12回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク