與能神社(よのじんじゃ)(Yono Jinjya)

所在地:亀岡市曽我部町寺蛇谷   ちず丸地図情報

祭神:事代主神建御名刀神天照大御神・天兒屋根命

式内社丹波国桑田郡 與能神社

社格:郷社

ご利益:商売繁盛、武運長久・勝運、開運招福、学業・受験合格

與能神社文化財環境保全地区

 與能神社(よのじんじゃ)は、亀岡市の南西、曽我部町寺蛇谷にある神社

 亀岡駅の南西5.5kmほど、国道423号から府道407号線に入って南下したところ、龍ヶ尾山西麓の丘陵先端部にある

 周囲には後期古墳が多く分布している

 丹波道主命が祀った桑田郡三座(三宅神社山国神社)の一つ

【與能神社の歴史・経緯】

 「日本書記」BC88年(皇紀573)崇神天皇10年9月9日の条によると
 四道将軍の一人 丹波道主命(たんばみちぬしのみこと)が、丹波に派遣されたと記されている

 BC87年(皇紀574)崇神天皇11年4月28日
 四道将軍が派遣された丹波・越国・吉備国・東海の平定が報告された

 「諸国鎮座神秘抄」によれば、
 丹波道主命が、国家の平和鎮護のために祀った与能神宮寺が由来とされる

 丹波道主命が祀った桑田郡三座(三宅神社山国神社)の一つとされる

 現在の地の北東300mの現在の御旅所を中心に、曼荼羅堂や講堂などの広大な伽藍があったとされる

 皇室から篤く崇敬され、口丹波南部の中心として隆盛を極めたという


 「谿端與能宮旧記」によると、
 平安時代初期
 空海が、嵯峨天皇の命により神宮寺を開き、奥ノ院露堂で護摩修行を行ったといわれる

 平安時代中期
 延喜式神名帳に記されている式内社とされる

 鎌倉時代
 後嵯峨天皇の代のとき、村山・与能など八庄を神領として寄進されたともいわれる

 その後、兵火によって焼失し、そのときの礎石・古瓦などが現存している

 鎌倉時代中期
 1260年(皇紀1920)文応元年
 社殿が建立される

 1596年(皇紀2256)慶長元年
 地震により社殿が倒壊する

 江戸時代初期
 1603年(皇紀2263)慶長8年
 社殿が再建され、そのときの棟札が残っている

【與能神社の祭神】

 現在、4柱が祀られている

 <事代主神(通称:えびすさん)>
 <建御名刀神(通称:諏訪さん)>
 <天照大御神(通称:お伊勢さん)>
 <天児屋根命(通称:春日さん)>

 「特選神名牒」には、事代主神のみ
 「神名帳考證(度会延経)」には、大屋津姫命、
 「諸国神社神秘抄」には、事代主神建御名刀神となっている



【與能神社の境内】

 龍ヶ尾山西麓の丘陵の先端部にあり、古来より、神社の禁足地として保護されてきた林が広がり、
京都府の與能神社文化財環境保全地区に指定されている

 京都府の自然200選(植物の部)に社叢林として選定されている


 <石標「郷社與能神社」>

 <本殿(京都府登録文化財)>
 三間社流造、千鳥破風向拝付
 棟札(1603年(皇紀2263)慶長8年)によると、
 1260年(皇紀1920)文応元年に、建立される
 1596年(皇紀2256)慶長元年に、地震により倒壊する
 1603年(皇紀2263)慶長8年に、再建され、そのときの棟札が残っている
 1714年(皇紀2374)正徳4年に、改修されたといわれる

 <石灯籠>
 1414年(皇紀2074)応永21年の銘がある

 <祇園社>
 本殿に向かって左にある
 祭神:素戔嗚尊

 <春日社>
 本殿に向かって右手に小さな祠がある

 <住吉社>
 本殿に向かって右手に小さな祠がある

 <稲荷社>
 春日社・住吉社の祠の奥にある

 <乾天満宮>
 拝殿から境内右手に石鳥居もある

 <百太夫社>
 乾天満宮の奥にある
 芸能の神さんとして信仰されている

 <宮池>
 亀が神さんのお使いとされ、田や川で捕まえた亀は、宮池に放たれる風習があるといわれる

 <樹林>
 スダジイ 幹周約8m
 アカガシ 幹周4.6m
 スギ 幹周3mなどが育生している


 <御旅所
 北東に約300mのところにある
 かつて神宮寺だったところ


 <奥ノ院露堂>
 本殿後方の山中にある
 空海が、嵯峨天皇の命により神宮寺を開き、護摩修行を行ったといわれるところ
 祭神:露大明神
 通称:大杉さん





【與能神社の祭事】

 <例祭>
 10月22日
 「六華祭」と称される
 6つの村の氏子の中で、お神輿を担ぐ輪番が、廻り地蔵で決められる神仏習合の習慣が残っている

【その他】

 <石田梅岩 心学の道のコース>
 府道407号線の道路脇に石碑が建っている

【與能神社へのアクセス】

 JR山陰本線(嵯峨野線) 亀岡駅から約5.0km、徒歩約75分

 與能神社前バス停から徒歩すぐ

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク