多吉神社(たきじんじゃ)(Taki Jinjya)

所在地:亀岡市西別院町柚原北谷   ちず丸地図情報

祭神:高御産霊神(タカミムスビノカミ)・神御産霊神(カミムスビノカミ)

式内社丹波国桑田郡 多吉神社

社格:村社

創建:709年(皇紀1369)和銅2年

通称:瀧大明神、御霊神社

 多吉神社(たきじんじゃ)は、亀岡市西南部、西別院町柚原にある神社

 亀岡駅の南西12kmほど、国道423号(摂丹街道)と府道733号線との交差点の近く、常楽寺の横の山麓にある

【多吉神社の歴史・経緯】

 飛鳥時代
 709年(皇紀1369)和銅2年
 現在の地の柚原の向山にある滝の岩頭に創祀されて「滝大明神」と称されていた

 平安時代中期
 927年(皇紀1587)延長5年
 延喜式神名帳に「丹波国桑田郡 桑田神社」と記載される式内社であると論じられている

 安土桃山時代
 1584年(皇紀2244)天正12年
 霊夢を受けて、現在の地に遷座され、神皇産霊神を合祀し「御霊神社」と称するようになった

 1873年(皇紀2533)明治6年
 村社に列格し、旧称の滝大明神の「滝」にちなんで、多吉神社と改められた


【多吉神社の祭神】

 2柱が祀られている

 <高御産霊神(タカミムスビノカミ)>
 <神御産霊神(カミムスビノカミ)>


 この世に天地が創造されたときに、最初に天之御中主之神(アメノミナカヌシノカミ)が現れ、次いで現れた二神とされる

 古事記などによると、
 高御産霊神は、天照大御神とともに国譲り天孫降臨を指示した神さんとされる

 この神さんを主祭神とする神社は、全国の式内社でも5社しかないといわれる



【多吉神社の境内】

 境内は、小さな谷間にあり、山の水が湧き出ている

 <舞殿>
 <拝殿>

 <本殿>
 1715年(皇紀2375)正徳5年、京都吉田神社の卜部氏により書かれた額「当社御霊大明神御神誌」が掲げられている

 <天満宮>

 <末社>
 本殿の左右や、拝殿の近く、手水舎の脇などに小祠が点在している

 <多吉の井戸>
 階段下の左手に泉がある

 <石灯籠>
 1713年(皇紀2373)正徳3年と刻まれている


 <磐座>
 境内から国道423号を西へ約200mのところにある


【多吉神社の祭事】

 <例祭>
 10月15日に近い土曜日または日曜日

【多吉神社へのアクセス】

 柚原バス停から徒歩約3分

[インデックス]


京都通メンバページ

写真:表示/非表示

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク