桜天満宮(さくらてんまんぐう)(SakuraTenmannGuu)

所在地:亀岡市稗田野町柿花   ちず丸地図情報

祭神:菅原道真

創建:高田正期

 桜天満宮(さくらてんまんぐう)は、亀岡市の西部、湯の花温泉の手前、積善寺の境内にある神社

 菅原道真ゆかりの天満宮

 境内には、桜の模様が浮かび上がった桜石(国の天然記念物)がある

【桜天満宮の歴史・経緯】

 創建は不詳

 平安時代中期
 901年(皇紀1561)昌泰4年
 菅原道真が太宰府に左遷されたとき、
 菅原道真の側近だった高田正期が、桜の株を賜り、故郷の稗田野の牛松山に植えたのが由来

 桜が花を付けなくなったため、菅原道真の身を案じた高田正期が、太宰府を訪問したのを、
菅原道真が、とても感激して、自ら土で自像を制作して高田正期に与えた

 菅原道真が死去すると、桜は枯れてしまうが、桜の木の下にあった岩に桜の花弁が浮かび上がってきたため、
高田正期は、菅原道真の御霊の現れと感じて、祠を建てて、菅原道真から授かった土像を祀ったといわれる
 その後、荒廃する

 1190年(皇紀1850)建久元年
 積善寺の住職 無極上人の霊夢に菅原道真の御霊が現れ、天満宮の荒廃を憂いたため、
現在の地の積善寺の境内に遷座して祀られるようになる

 1922年(皇紀2582)大正11年3月8日付
 桜石が、国の天然記念物に指定される

 2017年(皇紀2677)平成29年4月1日付
 桜石が「亀岡市の象徴」に指定される

【桜天満宮の境内】

 <本殿>

 <末社2社>
 本殿の両側に末社が建っている

【その他】

 <桜石(国の天然記念物)(亀岡市の象徴)>
 正式名称は「菫青石仮晶(きんせいせきかしょう)」
 この地の菫青石仮晶の断面が、開花した桜の花びらのように見える

【桜天満宮へのアクセス】

 JR山陰本線(嵯峨野線) 並河駅から3.8km

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク