形原神社(かたはらじんじゃ)(Katahara Jinjya)

所在地:亀岡市荒塚町内丸   ちず丸地図情報

祭神:松平信岑(亀山藩の形原松平家の初代藩主)

創建:1880年(皇紀2540)明治13年11月

 形原神社(かたはらじんじゃ)は、亀岡市市街地、亀岡中学校の隣りにある神社

 亀山藩の形原松平家の初代藩主 松平信岑(まつだいらのぶみね)を主祭神として創建された

 亀山城の三ノ丸、亀山藩の政務を行っていた御館(おやかた)と称される藩庁の南西隅、大手門の東側に位置する

 鍬山神社御旅所として、秋季大祭(亀岡祭)の神幸祭から還幸祭までの間に2輦のお神輿がおかれる

【形原神社の歴史・経緯】

【形原神社の祭神】

 <主祭神 松平信岑(まつだいらのぶみね)>
 亀山藩の形原松平家の初代藩主

 江戸時代初期
 1696年(皇紀2356)元禄9年9月10日
 丹波篠山藩の第4代藩主 松平信庸の長男として生まれる

 1710年(皇紀2370)宝永7年12月
 従五位下、佐渡守に叙任される

 1717年(皇紀2377)享保2年
 父親 松平信庸の死去により家督を継ぐ

 1748年(皇紀2408)寛延元年8月3日
 丹波亀山へ移封される

 1756年(皇紀2416)宝暦6年
 従四位下に昇位する

 1763年(皇紀2423)宝暦13年11月20日
 死去し、光忠寺に埋葬される、享年68

【形原神社の境内】

 <門>
 正面に唐破風(からはふ)が設けられている

 <本殿>
 一間社流造、銅板葺

 <舞殿>

 <稲荷社>
 拝殿の南側に隣接して祀られている
 形原松平信岑(のぶみね)の移封にともなって、丹波篠山から遷されて、
 亀山藩の政務を執り行っていた御館(おやかた)に祀られていたものを、さらに、
 1881年(皇紀2541)明治14年に形原神社の創建に合わせて現在の地に遷された

 <丹波亀山城大手門跡>
 亀山城は、内堀・外堀・惣堀の御堀と、御土居で仕切られ、城内から各方向に5つの城門が配置されていた
 この付近には、南方向で正面大手への出入口としての大手門があった

【形原神社の祭事】

 <花祭>
 鍬山神社の花祭に合わせて、御旅所である形原神社において、
 甲冑や武具、古地図などの遺品を飾って、形原松平城主を偲ばれる

 <神幸祭>
 10月20日
 鍬山神社から、鍬山宮と八幡宮」の2輦のお神輿が氏子域を巡幸し、御旅所として形原神社拝殿に出御される

 <本祭>
 10月25日
 2輦のお神輿が、城下町を巡幸し鍬山神社へ還幸される

【その他】

 <光忠寺
 亀岡市北古世町のクニッテル通りにある
 江戸時代亀山藩藩主だった形原松平家の菩提寺
 形原松平家6代 松平家信から20代 松平信美までのお墓がある


 <丸利の家紋>
 本堂の瓦などに、形原松平家の丸利の家紋が用いられている
 4代 松平家広が大樹寺合戦のときに、「利即是」の旗を揚げて戦い、激戦のため、旗の文字が「利」の一字のみとなった
 子孫が、その武勲を忘れないために「利」の字を入れた丸利を家紋としたといわれる

 <八丁子紋>
 形原松平氏の家紋
 本殿の鬼瓦などに用いられている

【形原神社へのアクセス】

 JR山陰本線(嵯峨野線) 亀岡駅から徒歩約20分


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク