葵使(あおいつかい)(AoiTsukai)

場所:上賀茂神社 (京都市北区上賀茂本山)   地図情報

 葵使(あおいつかい)は、双葉葵(フタバアオイ)を、上賀茂神社から江戸城に献上していた行事

 双葉葵は、徳川家の家紋の由来となったもの
 武運長久祈願を上賀茂神社の双葉葵に託したとされる

 古文書によると、大名行列とほぼ同等の待遇を得ており、11日かけて江戸に到着していたといわれ、
 3月13日頃に上賀茂神社を出発し、4月1日に徳川将軍に葵を献上したといわれる

【葵使の歴史・経緯】

 江戸時代初期
 1610年(皇紀2270)慶長15年
 徳川家康の命により、葵使の駿府城への献上が初めて行われる

 1615年(皇紀2275)慶長20年
 豊臣秀頼にも献上されたといわれる

 幕末維新
 1867年(皇紀2527)慶応3年
 大政奉還が行われるまで、葵使が行われていた

 2007年(皇紀2667)平成19年4月15日
 徳川家康の駿府城入城400年にあわせ、140年ぶりに葵使が復活する
 久能山東照宮(静岡市駿河区)にフタバアオイが4鉢運ばれ、17日に奉納された

【その他】

 <御葵使勤方日次記>
 上賀茂神社から江戸城までの道中日記

 <葵下小日記>
 葵使の報告書

【上賀茂神社へのアクセス】

 市バス・京都バス 上賀茂神社前 すぐ
 地下鉄 北山駅 または 北大路駅 車で約5分


【京都検定 第4回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク