恭仁京(くにきょう)

奈良時代の一時期、都が置かれたところ

正式名称:大養徳恭仁大宮(やまとくにのおおみや)

所在地:木津川市加茂町例幣   地図情報

国の史跡(1957年(皇紀2617)昭和32年7月1日)

 恭仁京(くにきょう)は、奈良時代の一時期、約4年間、聖武天皇により都が置かれたところ

 山背国相楽郡恭仁の地で、現在の木津川市加茂地区にあたる

【恭仁京の歴史・経緯】

【恭仁京】

 <恭仁宮>
 当初計画では、平城京をしのぐ大規模な京域を設定していたといわれる
 平城京を簡略化した程度で、南北約750m、東西約560mの南北に長い長方形
 朝堂院も平城宮より東西に幅が狭く、板塀で囲まれていた
 恭仁宮の南北を分断するように大河の泉川が蛇行していた

 <背景>
 聖武天皇は、大仏造立のための適地を探していた
 右大臣 橘諸兄は、自らの勢力圏に都を移したい意図があったといわれる
 橘諸兄の井手別業は、恭仁宮の北西約5kmほどの近距離にあった

 万葉集に、恭仁京と難波京の讃歌はいくつかあるが、紫香楽を詠んだ歌は一首もない
 橘諸兄などの一派が、紫香楽遷都を快く思っていなかったためといわれる

 <近江紫香楽宮への遷都後>
 恭仁宮の跡地は山城国の国分寺として再利用される
 国分寺は、南北3町(約330m)、東西2町半(約275m)の広大な寺域であった
 大極殿は、金堂に転用された
 金堂の東側は、鎮守社である御霊神社の境内地だったといわれる

【恭仁京に関わる歌】

 <大伴家持>
 内舎人 大伴家持は、恭仁京で40首ほどの歌を残している

 743年(皇紀1403)天平15年8月16日
 内舎人 大伴家持の久迩京(くにのみやこ)を讃めた一首
 「今造る 久迩の都は 山河の さやけき見れば うべ知らすらし(万葉集 巻六 1037)」

 大伴家持が、安倍女郎に贈る一首
 「今造る 久迩の都に 秋の夜の 長きに独り寝(ぬ)るが 苦しさ(万葉集 巻八 1631)」

 紀小鹿女郎(きのおしかのいらつめ)の大伴家持に贈る歌
 「戯奴がため 我が手もすまに春の野に 抜ける茅花(つばな)ぞ 召して肥えませ(万葉集 巻八 1460)」

 大伴家持の紀小鹿女郎に贈る歌
 「吾が君に 戯奴は恋ふらし給りたる 茅花を喫めどいや 痩せにやす(万葉集 巻八 1462)」

 <中納言兼輔>
 「みかのはら わきて流るる泉川 いづみきとてか 恋しかるらん」

【恭仁京ゆかりの地】

 <恭仁宮跡(山城国分寺跡)(国の史跡)>
 現在は、広大な平原となっており、大極殿(金堂)礎石と七重塔礎石が残る

 <海住山寺
 恭仁京があった瓶原(みかのはら)を見下ろす三上山(海住山)の中腹に建つ寺院

【恭仁京跡へのアクセス】

 JR関西本線(大和路線) 加茂駅 西口より徒歩約30分
 加茂駅よりコミュニティバス(奥畑線・銭司線・西線) 恭仁宮跡 下車すぐ


【京都検定 第8回2級】

【京都検定 第11回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク