朱雀大路(すざくおおじ)

朱雀大路(すざくおおじ)は、平安京における中央の南北の通り

所在地:京都市   地図情報

距離:約3.7km
幅:28丈(約85m)

西側の大路:皇嘉門大路
東側の大路:壬生大路

現在:千本通

 朱雀大路(すざくおおじ)は、平安京条坊制における中央の南北の通り

 大内裏の南面中央の朱雀門から、平安京南端の羅城門まで約4km、幅約85mの主要大路

 両側には溝・犬走・垣が設けられ、並木として柳が植えられていた

【朱雀大路の歴史・経緯】


【朱雀大路】

 <朱雀大路>
 平安京の中心となる南北の大通り
 北の大内裏朱雀門から、南の羅城門まで、約4kmを一直線に延びていた

 道幅は28丈(84.0m)、路面幅は70.2mあった
 道の両側には、外側より築地(幅1.8m)、犬行(いぬばしり)(幅4.5m)、溝(幅1.5m)、並木として柳が植えられていた

 朱雀大路の両脇には、天皇家別邸である朱雀院や、貴族の邸宅、東西に迎賓館である鴻臚館、役所の建物などが立ち並ぶ
 公卿以外は、大路に面して門を作ることが禁止されていた
 道の脇の排水溝と街路樹の清掃や維持管理は、沿道住民の義務とされた


 <条坊制の都市>
 東アジアの条坊制の都市において、朱雀大路とは、宮城の正面の朱雀門から、南方に向かう道のこと
 終端となる都の正門には羅城門が置かれる
 名前は、南方の守護神である朱雀にちなむ
 日本では、最初に藤原京で採用された

 朝廷の大嘗祭での神饌の運び込み儀式や、軍隊の出征や凱旋など、朝廷の権威を示す場とされる

 唐 長安の朱雀大街は幅147m
 藤原京の朱雀大路の幅は約30m
 平城京の朱雀大路は幅73m
 平安京では幅84m

 羅城門以南は、平城京では下ツ道、平安京では鳥羽作道につながっていた

【平安京朱雀大路跡】

 <平安京朱雀大路跡>
 下京区中堂寺坊城町
 JR山陰本線(嵯峨野線)丹波口駅の構内に石碑がある
 1975年(皇紀2635)昭和50年の建立

 発掘調査によって、朱雀大路の一角が初めて発見された場所
 平安京楊梅小路と朱雀大路の交差点を中心に、朱雀大路東側溝が延長120mにわたって検出された
 石碑の前には、朱雀大路東側溝より58m地点のラインが引かれていて、中央よりやや西側になる

【アクセス】

 JR山陰本線(嵯峨野線) 丹波口駅 徒歩1分


【京都検定 第1回3級】

3.平安京の中央の大内裏からまっすぐ南北に通じていた朱雀大路の都城南端の正門はどこか?

【京都検定 第3回3級】

【京都検定 第5回3級】

【京都検定 第7回3級】

【京都検定 第8回3級】

【京都検定 第10回3級】

【京都検定 第11回3級】

【京都検定 第13回3級】

【京都検定 第15回3級】

【京都検定 第1回2級】

【京都検定 第2回2級】

【京都検定 第6回2級】

【京都検定 第11回2級】

【京都検定 第15回2級】

【京都検定 第2回1級】

【京都検定 第7回1級】


[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク