京都守護職(きょうとしゅごしょく)

江戸幕府の役職

初代:会津藩藩主 松平容保

就任:1862年(皇紀2522)文久2年8月1日
廃止:1868年(皇紀2528)慶応4年12月9日 王政復古の大号令

 京都守護職(きょうとしゅごしょく)は、幕末維新の時代に設けられた江戸幕府の役職

 京都市中(洛中)の治安維持および御所二条城の警備などの任務を受けた

【京都守護職の歴史・経緯】

【京都守護職】

 <任務>
 京都市中(洛中)の治安維持および御所二条城の警備などを担う役割として新設された

 元来、江戸幕府における京都の治安維持は、京都所司代・京都町奉行の任務であった
 尊王攘夷運動を進める長州藩や薩摩藩、土佐藩などの過激派の横行から、幕府の権威を取り戻す必要があった

 <本陣>
 金戒光明寺に本陣が置かれた
 会津藩 藩兵1,000人が、京都に常駐し1年おきに交替した

 <配下組織>
 京都所司代・京都町奉行・京都見廻役が傘下に置かれる
 京都見廻役の配下で幕臣により結成された京都見廻組も支配下におかれる

 京都守護職御預かりとして、新選組も支配下に置かれ、治安の維持に当たらせた

 <京都守護職屋敷跡
 現在の京都府庁・第二日赤病院・梅屋校におよぶ広大な屋敷だった
 現在、京都府庁に石碑が残されている


【京都検定 第1回3級】

6.京都守護職であった松平容保率いる会津藩が本陣とした寺院はどこか?

【京都検定 第4回3級】

【京都検定 第9回3級】

【京都検定 第6回1級】

【京都検定 第10回1級】

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク