京街道(きょうかいどう)(KyoKaido)

所在地:京都市   地図情報

別称:大坂街道(おおさかかいどう)

 京街道(きょうかいどう)は、大坂(大阪市)から京(京都市)を結んでいた街道

 豊臣秀吉が、伏見城の築城にあたって淀川左岸に築かせた「文禄堤」が由来

 大坂の京橋(後に高麗橋)から淀川左岸に沿って進み淀に至り、淀から京都の間は、主に2つのルートがあった
 1つは、桂川左岸を進む鳥羽街道
 もう1つは、現在の宇治川右岸の淀堤を経て伏見に至り、伏見から伏見街道あるいは竹田街道を経て京都中心部に向かう

 明治時代には、鳥羽街道を経るルートが京街道とされる
 旧京阪国道(京都−大阪間の国道)も伏見を通らないルートが選択された

 伏見を含む4つの宿場に沿っては、京阪電鉄京阪本線が通った

 伏見−大坂間は淀川を利用した舟運が盛んであり、陸路の利用は大坂からの上り客が多かった

【京街道の歴史・経緯】

【京街道】

 <髭茶屋>
 大津市の京都市との境の追分にある
 京の三条大橋三条大橋へ向かう東海道と分れ、伏見に向かう京街道との分岐点になる
 「みきハ京ミち」「ひだりハふしミみち」と彫られている道標があり、
 右の「京みち」が東海道、左の「伏見道」が京街道にあたる
 横に「蓮如上人」と彫られた碑もある

 <名神高速の高架>
 <国道1号線「国道音羽」交差点>
 <山科川の音羽橋>

 <国道1号線「山科大塚」交差点>
 道標「ひだりおヽつみち みぎうじみち」

 <石碑「皇塚」>
 <岩屋神社鳥居>
 <大宅甲ノ辻バス停>
 <山科警察署>
 <勧修寺
 <地下鉄小野駅>

 <勧修寺橋>
 道標「南右大津 左京道 北すくふしみ道」1804年(皇紀2464)文化元年の建立

 <勧修寺下ノ茶屋町>
 <名神高速道路沿い>
 <深草馬谷町>
 <大岩神社鳥居>
 <深草谷口町>
 <西久宝寺町>
 <JR奈良線 跨線橋>
 <京都教育大学>
 <藤森神社
 <京阪電車 墨染駅の踏切>
 <琵琶湖疏水墨染橋>

 <伏見宿>
 <石柱「撞木町廓入口」>
 <国道24号線>
 <両替町通>
 <丹波橋通>
 <勝念寺>
 <本成寺>
 <玄忠寺>
 <大黒寺>
 <伏見区役所>
 <キザクラ・カッパカントリー
 <西岸寺
 <駿河屋本店>
 <寺田屋
 <豪川>
 <肥後橋>
 <伏見港公園>
 <宇治川土手>
 <宇治川大橋交差点>
 <京阪本線の踏切>

 <淀宿>
 <淀小橋旧址碑>
 <京阪淀駅>

 <淀城跡
 城下町を貫通する形で京街道が通され、淀城大手門はその京街道に面して置かれた

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク