皇紀(こうき)

正式名称:神武天皇即位紀元(じんむてんのうそくいきげん)

神武天皇が即位したとされる西暦紀元前660年を元年とする紀元
(西暦2000年は、皇紀2660年となる)

【経緯】

 明治5年11月15日(1872年12月15日)の太政官布告第342号により定められ、
 明治6年1月1日の太陽暦採用と同時に施行される

 明治から戦前までは和暦とともに皇紀がよく使用されており、
 第二次世界大戦後に、西暦が使用されるようになる

 現在でも法令などで、和暦と西暦とともに皇紀が使用されている場合があり、
 例えば、閏年は、西暦ではなく皇紀を元に決められている(明治31年5月10日勅令第90号)

【その他】

 <讖緯説(しんいせつ)>
 中国の辛酉革命の思想では、「辛酉(しんゆう)」の年は、革命が行われる年とされ、
 1260年に一度の辛酉の年には国家的な大革命が起こるといわれる
   1元(げん)は、干支が一巡する60年
   1蔀(ぼう)は、21元で、1260年(60年×21元)

 <皇紀元年の設定>
 「日本書紀」に、神武天皇が即位したのは「辛酉(しんゆう)」の年と記されている
    「辛酉年春正月庚辰朔 天皇即帝位於橿原宮是歳爲天皇元年」

 聖徳太子が、辛酉革命の思想にもとづき、
 推古天皇が斑鳩の地に都を置いた601年(皇紀1261)推古天皇9年(辛酉の年)から
1260年遡った紀元前660年(辛酉の年)を神武天皇が即位され大革命が起こった年と設定したとされる

[インデックス]


京都通メンバページ


[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク