神道(しんとう)(Shintou)

 神道(しんとう)は、古代より、日本で自然発生的に生まれ、伝統的に伝えられてきた信仰がもととなり、
天皇や貴族、土地の有力一族、武士などにより、政治とも関連しながら発展してきた多神教の宗教

 明確な教義はなく、森羅万象に神が宿ると考え、天津神、国津神などや祖霊が祀られ、儀礼が重んじられる

 「神ながらの道」を略して「神道」と称されているといわれる

 古事記には、日本国土の創生や、神々が生まれた由縁などの神話が記されている

【神道の歴史・経緯】


【神社の格】

 <神社(じんじゃ)>
 神々を祭神とする社
 全国の神社の殆どは神社本庁によって統括されている

 <神宮(じんぐう)>
 天皇や皇族を祀る神社
 近代以前は神宮などを名乗るためには勅許などが必要だったが、
現在では、政教分離により皇室が神社に直接関与しないため、特に由緒がない神社でも、神宮を名乗る場合もある

 <社格(しゃかく)>
 延喜式神名帳に基づき、神社の格付けがなされている
 第二次大戦後は、憲法により公的な社格の制度が廃止されたが、
神社本庁が所管している神社と、所管されていない神社とに分けられる

【明治以前の神道の諸派】

 <伊勢神道>

 <吉田神道>
 室町時代中期、吉田兼倶が「唯一神道」を唱え興される

 <土御門神道>
 <吉川神道>
 <垂加神道>
 <出雲神道>

【明治以降の神道の諸派】

 <国家神道(こっかしんとう)>
 大日本帝国憲法下では、信教の自由が明記され、
 その中で「神道は宗教ではない」とされ、神社は内務省神社局が所管していた

 <神社本庁(じんじゃほんちょう)>
 神宮(伊勢神宮)を本宗として、日本全国の約8万社の神社を包括する宗教法人
 日本最大の宗教法人

 <神道十三派>
 戦前に政府から宗教団体として公認されていた、以下の13の神道系教団
   神道大教
   黒住教
   神道修成派
   出雲大社教
   扶桑教
   実行教
   神道大成教
   神習教
   御嶽教
   神理教
   禊教
   金光教
   天理教

 <教派神道連合会>
 1895年(皇紀2555)明治28年に8教派により「神道同志会」が結成される
   出雲大社教
   黒住教
   御嶽教
   實行教
   神習教
   大成教(1976年(皇紀2636)昭和51年に退会)
   扶桑教
   神宮教
 1899年(皇紀2559)明治32年に3教派が加盟し「神道懇話会」と改称される
   神道本局(神道大教)
   神理教
   禊教
 1912年(皇紀2572)明治45年に3教派が加盟し「神道各教派連合会」と改称される
   金光教
   神道修成派
   天理教(1970年(皇紀2630)昭和45年に退会)
 1934年(皇紀2594)昭和9年に現在の「教派神道連合会」に改称される
 1956年(皇紀2616)昭和31年
   大本が加盟


【京都検定 第5回2級】


[インデックス]


京都通メンバページ

[目次]


[関連項目]


[協賛リンク]



[凡例]

赤字
 京都検定の出題事項
 (過去問は下段に掲載)

ピンク
 京都検定に出題された
項目へのリンク

青色紫色
 関連項目へのリンク